Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

坐骨神経痛

執筆者:

Peter J. Moley

, MD, Hospital for Special Surgery

レビュー/改訂 2022年 10月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

坐骨神経痛は、坐骨神経に沿った痛みです。この神経は、腰から殿部を通って脚へと伸びていき、膝のすぐ下で終わっています。

  • 椎間板ヘルニア、変形性関節症の合併症、けが、または脊柱管が狭くなることが、坐骨神経痛の原因になります。

  • 坐骨神経痛は、腰から殿部を通って片方の脚の裏側に下っていく、強い痛みを引き起こすことがあります。

  • 診断は、医師の診察のほか、ときとして画像検査や電気診断検査の結果に基づいて下されます。

  • 治療としては、痛みを軽減するための処置のほか、ときには手術などを行います。

2本の坐骨神経は体内で最も太く長い神経です。これは腰部の 脊髄 脊髄 脊髄は傷つきやすい長い管状の構造物で、脳幹の下端から脊椎の最下部付近まで続いています。脊髄は神経軸索の束で構成されていて、それらは 脳と他の部位との間でやりとりされるメッセージの伝達経路になっています。脊髄の中には、歩行や水泳などの協調運動や排尿を制御する神経細胞の回路が備わっています。脊髄はまた、膝蓋腱反射(しつがいけんはんしゃ)などの反射の中枢でもあります( 反射弓:脳を介さない経路を参照)。... さらに読む から出ているいくつかの脊髄神経根によってできています。坐骨神経は手の指ほどの太さがあります。坐骨神経は体の左右にあり、それぞれ下位脊椎から出て、股関節の後ろを通り、殿部から脚を下って膝の裏側へと続いています。そこで坐骨神経は数本に枝分かれし、さらに足へと降りていきます。

一部の患者では、原因が見つかりません。 椎間板ヘルニア 椎間板ヘルニア 椎間板ヘルニアは、脊椎の椎間板を覆う丈夫な外殻が裂けたり破裂したりすると発生します。椎間板の軟らかいゼリー状の内身が外殻から外へ飛び出す(ヘルニアになる)ことがあります。 加齢、けが、太りすぎは椎間板ヘルニアの原因になります。 椎間板ヘルニアが痛みを引き起こす場合、その痛みには、わずかな痛みから体を衰弱させるほどの痛みまであります。 画像検査を行って診断を下します。 運動、筋力強化、健康的な体重の維持により、椎間板ヘルニアのリスクを減ら... さらに読む 椎間板ヘルニア 変形性関節症 変形性関節症 変形性関節症は軟骨と周囲の組織の損傷を引き起こす慢性疾患で、痛み、関節のこわばり、機能障害を特徴とします。 関節の軟骨と周囲の組織の損傷による関節炎は、加齢に伴い、非常によくみられるようになります。 痛みや腫れ、骨の過剰な増殖がよくみられ、起床時や動かずにいた後に生じて30分以内に治まるこわばり(特に関節を動かしていると治まりやすい)も一般的です。 診断は症状とX線所見に基づいて下されます。... さらに読む 変形性関節症 による骨の異常な突出、脊柱管が狭くなる 脊柱管狭窄症 一般的な原因 一般的な原因 、または靱帯のねんざによる腫れが原因としてみられる患者もいます。まれに、 骨パジェット病 骨パジェット病 骨パジェット病は、一部の骨の代謝回転に異常が生じる結果、その領域の骨が太く軟らかくなる、骨格の慢性疾患です。 骨の分解と形成が増加し、骨が正常時より厚くなりますが、強度は低下します。 無症状のこともありますが、骨の痛み、骨の変形、関節炎、神経の圧迫による痛みなどの症状がみられることもあります。... さらに読む 骨パジェット病 糖尿病による神経の損傷 糖尿病における神経障害 糖尿病では、体の様々な部位、特に血管、神経、眼、腎臓に重篤で長期に及ぶ多くの合併症がみられます。 ( 糖尿病も参照のこと。) 糖尿病には、以下の2つの種類があります。 1型糖尿病:体の免疫系が膵臓のインスリン産生細胞を攻撃し、90%を超える細胞が破壊されて回復不能になる 2型糖尿病:体がインスリンの効果に抵抗性を示す さらに読む 糖尿病における神経障害 (糖尿病性神経障害)、 脊髄腫瘍 脊髄腫瘍 脊髄腫瘍は、 脊髄の内部または周囲に発生する良性または悪性の腫瘍です。 筋力が低下する、体の特定部位の感覚が消失する、排便と排尿をコントロールできなくなる、などの症状が現れます。 通常は、MRI検査で脊髄腫瘍を検出できます。 治療法としては、コルチコステロイド、手術による摘出、放射線療法などがあります。 ( 神経系の腫瘍の概要も参照のこと。) さらに読む 、血液の蓄積(血腫)、または膿の蓄積(膿瘍)が神経を圧迫することにより坐骨神経痛の原因になることもあります。坐骨神経痛を起こしやすい人もいると考えられます。

坐骨神経痛

坐骨神経は体の左右にあり、それぞれ下位脊椎から出て、股関節の後ろを通り、殿部から膝の裏側へと続いています。そこで坐骨神経は数本に枝分かれし、さらに足へと降りていきます。坐骨神経や坐骨神経を形成する神経根が締めつけられたり、炎症が起きたり、損傷したりすると、痛み(坐骨神経痛)が起こり、その痛みが坐骨神経に沿って足へと放散する可能性があります。

坐骨神経痛

坐骨神経痛の症状

通常、坐骨神経痛は左右どちらか一方だけに起こります。痛みは腰から殿部を通って、片方の脚の裏側に感じられます。典型的な痛みは、焼けるような痛み、ビーンと走るような痛み、または刺すような痛みです。ある場所から始まって別の場所に、通常は神経の経路に沿って広がる痛みを 放散痛 腰痛の種類 腰痛の種類 といいます。

坐骨神経痛は、神経の経路に沿って、チクチクする感覚、しつこい痛み、またはビーンと走るような痛みを引き起こすことがあります。脚または足に、しびれや筋力低下を感じることもあります。歩いたり、走ったり、階段を昇ったり、脚を伸ばしたり、ときにせきをしたり、いきんだりすると痛みが悪化し、背中を伸ばすか座ると和らぎます。

坐骨神経痛の診断

  • 医師による評価

  • ときに画像検査、電気診断検査、またはその両方

一般的には、特徴的な痛みに基づいて坐骨神経痛の診断が下されます。身体診察では、患者の筋力と反射を確認します。

筋力低下やしびれがあるか、症状が6週間以上続いている場合は、他の検査を行うこともあります。画像検査の MRI検査 MRI検査 MRI検査は、強い磁場と非常に周波数の高い電磁波を用いて極めて詳細な画像を描き出す検査です。X線を使用しないため、通常はとても安全です。( 画像検査の概要も参照のこと。) 患者が横になった可動式の台が装置の中を移動し、筒状の撮影装置の中に収まります。装置の内部は狭くなっていて、強い磁場が発生します。通常、体内の組織に含まれる陽子(原子の一部で正の電荷をもちます)は特定の配列をとっていませんが、MRI装置の中で発生するような強い磁場の中に... さらに読む MRI検査 CT検査 CT検査 CT検査(以前はCAT検査とよばれていました)では、X線源とX線検出器が患者の周りを回転します。最近の装置では、X線検出器は4~64列あるいはそれ以上配置されていて、それらが体を通過したX線を記録します。検出器によって記録されたデータは、患者の全周の様々な角度からX線により計測されたものであり、直接見ることはできませんが、検出器からコンピュータに送信され、コンピュータが体の2次元の断面のような画像(スライス画像)に変換します。(CTとは... さらに読む CT検査 は、坐骨神経痛を引き起こしている脊椎の異常を特定するのに役立ちます。神経伝導検査や筋電図検査などの 神経と筋肉の検査 神経と筋肉の検査 筋骨格系の病気は、病歴と 診察の結果に基づいて診断されることがよくあります。医師が診断を下したり確定したりするのを助けるために、 臨床検査や 画像検査、 その他の診断方法が必要になることがあります。 筋骨格系の病気の診断には、臨床検査がしばしば役立ちます。例えば、赤血球沈降速度(赤沈)は、血液が入った試験管の中で赤血球が底に沈んでいく速さを測定する検査です。炎症が起きていると、通常は赤沈の値が上昇します。しかし、炎症は非常に多くの病態で... さらに読む 神経と筋肉の検査 (電気診断検査)は、影響を受けている脊髄神経根と損傷の程度を特定するのに役立ちます。

坐骨神経痛の予防

必ずしも坐骨神経痛を予防できるとは限りませんが、以下に示す方法で坐骨神経痛を発症するリスクを減らすことができます。

  • 運動

  • 筋力強化運動とストレッチ

  • 健康的な体重の維持

  • よい姿勢を保つ

  • 適切な持ち上げ方法を使用する

定期的な運動は、坐骨神経痛を発症するリスクを減らす効果的な方法です。有酸素運動、特定の筋力強化運動、ストレッチ運動が役に立ちます。

水泳やウォーキングなどの有酸素運動は、全身の健康状態を改善し、筋肉を強化します。

腹部、殿部、背中の筋肉(コアマッスル)を強化し、ストレッチする特定の運動は、脊椎を安定させ、脊椎のクッションの役目をしている椎間板と、脊椎の位置を保つ靱帯にかかる負担を軽減するのに役立ちます。

筋力強化運動には、骨盤を傾ける運動や腹筋運動などがあります。ストレッチ運動には、膝を胸につけるストレッチなどがあります。ストレッチ運動によって腰痛が悪化する人もいるため、注意深く行うべきです。原則として、腰痛が起こったり、痛みが強くなったりする運動は、どんなものでも中止します。運動は筋肉に軽い疲労を感じるまで繰り返すべきですが、完全に疲労するまで続けてはいけません。それぞれの運動中に、呼吸し続けることが重要です。腰痛がある場合は、運動を始める前に医師に相談するべきです。

腰痛を予防するための運動

骨盤を傾ける運動

あお向けに寝て膝を曲げ、かかとを床につけて、体重をかかとに乗せます。腰を床に押しつけ、殿部を締め(殿部を床から1センチメートルほど浮かす)、腹筋を締めます。そのままの姿勢で10まで数えます。20回繰り返します。

腰痛ようつうを予防よぼうするための運動うんどう

腹筋運動

あお向けに寝て、膝を曲げ、足を床につけます。手を胸の上で組みます。頭を起こさない(あごを胸につけない)ようにしながら、腹筋を締めてゆっくりと肩を床から約25センチメートルもち上げていきます。次に腹筋を緩めて肩をゆっくりと下ろしていきます。これを10回ずつ、3セット行います。

腰痛ようつうを予防よぼうするための運動うんどう

膝を胸につけるストレッチ

あお向けに寝ます。両手で片方の膝の裏を持って胸の方へ引き寄せます。そのままの姿勢で10まで数えます。ゆっくりと脚を戻し、次に反対側の脚も同様に行います。この運動を10回繰り返します。

腰痛ようつうを予防よぼうするための運動うんどう

太り過ぎているとリスクが高まることから、運動は適正体重の維持という点でも役立ちます。

立っているとき、座っているとき、眠っているときによい姿勢を保つと、腰にかかる負担が減ります。前かがみの姿勢は避けるべきです。椅子の座面を調節することで、足の裏全体が床につき、膝がやや上向きに曲がり、腰が椅子の背もたれにぴったりつく高さにできます。腰の支えがない椅子の場合は、腰の後ろにクッションをはさむとよいでしょう。脚を組まずに、両足の裏を床につけて座ることが推奨されます。長時間の立ちっぱなしや座りっぱなしは避けるべきです。避けられない場合は、姿勢を頻繁に変えることで背中にかかる負担を減らすことができます。

物を持ち上げるときの正しい方法を覚えておくと、背中のけがの防止に役立ちます。股関節の向きは、肩と揃えます(すなわち、左右どちらにもひねらないようにします)。ものを拾い上げる際に、両脚がほぼまっすぐな状態で腰を曲げて腕を伸ばすことは、してはいけません。そうではなく、股関節と膝を曲げるべきです。このやり方でかがむと、背中がよりまっすぐなままに保たれ、肘を体の横につけたまま腕を下まで下ろせます。次に、ものを体の近くに持ったまま、脚を伸ばして持ち上げます。この方法では、背中ではなく脚で物を持ち上げています。頭より上に持ち上げたり、持ち上げている途中で体をひねったりすると、背中をけがするリスクが高くなります。

坐骨神経痛の治療

  • 痛みを緩和する対策

  • ひどい痛みに対してときに手術

痛みが自然に消えることもしばしばあります。自然に消えない場合は、痛みを緩和するいくつかの方法を試すことができ、手術が必要になることもあります。ウォーミングアップをしてから、やさしくハムストリングの筋肉のストレッチをするのも役立つ可能性があります。

痛みを緩和する対策

1~2日間ベッドで安静にすることで痛みが緩和することがあります。長期間ベッドで安静にしていると、コアマッスルの筋力が低下し、こわばりが強くなるため、腰痛が悪化し回復までの期間が長くなります。多くの人は、眠るときに横向きに寝て膝を曲げ、膝の間にクッションをはさむと痛みが和らぎます。あお向けの姿勢で眠る人は、膝の下にクッションを置くとよいでしょう。本人にとって快適であれば、うつ伏せのまま眠っても構いません。

患部をアイスパックなどで 冷やしたり 寒冷療法(凍結療法) リハビリテーション療法士は、痛みと炎症を治療します。このような治療によって患者は体を動かしやすくなり、全面的に リハビリテーションに取り組めるようになります。実際には以下のような技法が用いられます。 温熱療法 寒冷療法 電気刺激 牽引 さらに読む 、温熱パッドなどで 温めたり 温熱療法 リハビリテーション療法士は、痛みと炎症を治療します。このような治療によって患者は体を動かしやすくなり、全面的に リハビリテーションに取り組めるようになります。実際には以下のような技法が用いられます。 温熱療法 寒冷療法 電気刺激 牽引 さらに読む 、アセトアミノフェンや非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)などの市販の鎮痛薬を使用したりすると、痛みの緩和に役立つことがあります。ガバペンチン、抗てんかん薬、特定の抗うつ薬など、神経の痛みを軽減する薬が役立つ場合もあります。痛みがひどいか長引く場合は、コルチコステロイドの経口薬または硬膜外腔(脊髄を覆う組織の外層と脊椎の間)への注射を使用することがあります。

手術

椎間板ヘルニアにより、絶え間ないまたは慢性の坐骨神経痛が起きている場合、特に筋力低下や感覚消失が伴う場合は、手術で椎間板の飛び出した部分の除去(椎間板切除術)やときに椎骨の部分的な切除(椎弓切除術)を行わなければならないことがあります。通常、全身麻酔が必要です。入院期間は、米国では通常1日か2日です。しばしば、椎間板の飛び出した部分を取り除くために、脊髄くも膜下麻酔という局所麻酔の方法を用いて、小さく切開する顕微鏡手術が用いられます。通常、この手術のために入院する必要はありません。どちらかの手術の後、ほとんどの患者は6週間から3カ月で普段の活動をすべて再開できます。手術の方が、手術を用いない治療よりも回復が速い傾向があります。しかしながら、約1年または2年後では、手術で治療された患者と手術を用いずに治療された患者の回復の程度は同じくらいです。

腰部脊柱管狭窄症や脊髄腫瘍など、他の病気による坐骨神経痛がある患者には、別の手術が必要です。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP