Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

塩基性リン酸カルシウム結晶沈着症とシュウ酸カルシウム結晶沈着症

執筆者:

N. Lawrence Edwards

, MD, Department of Medicine, University of Florida College of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

塩基性リン酸カルシウムとシュウ酸カルシウムは、体内で自然にできる化合物です。これらの化合物の結晶ができることがあり、それによって、足部痛風(ポダグラ)を含む痛風ピロリン酸カルシウム関節炎(以前は偽痛風と呼ばれていた)、またはときに他の関節の病気に似た症状が起こります。塩基性リン酸カルシウム結晶とシュウ酸カルシウム結晶は、腱や結合組織にもできる場合があります。

塩基性リン酸カルシウム結晶沈着症

塩基性リン酸カルシウム結晶によって、関節が破壊され、関節とその周辺に強い炎症が起こることがあります。

ミルウォーキー肩関節症候群が一例で、これはほとんどの場合、高齢女性の肩関節としばしば膝関節に起こる破壊的な病気です。

急性足部偽痛風(acute pseudopodagra)も、塩基性リン酸カルシウム結晶によって起こる関節の病気で、痛風に類似している可能性があります。これは足の親指の関節に生じ、若年女性(若年男性では比較的まれ)に発生します。

シュウ酸カルシウム結晶沈着症

シュウ酸カルシウム結晶が蓄積して沈着することは、まれです。これはほとんどの場合、血液中の老廃物の値が高すぎるために、透析(体内から老廃物と過剰な体液を取り除く人工的な過程)による治療を受けている慢性腎臓病患者でみられます。

診断

  • X線検査

  • 関節液の顕微鏡検査

医師は、この結晶の有無を確認するために、X線検査を行います。塩基性のカルシウム結晶がX線検査で関節の周囲にみられることがありますが、通常は関節の軟骨内にはみられません。

針で関節液を吸引し(関節穿刺)、これらの結晶がないか検査しなければならない場合もあります。シュウ酸カルシウム結晶は偏光顕微鏡で見えることがありますが、それよりはるかに小さい塩基性リン酸カルシウム結晶は、特殊な染色や特殊な顕微鏡(透過型電子顕微鏡)でしか通常は確認できません。

治療

  • 非ステロイド系抗炎症薬

  • コルヒチンの経口薬

  • コルチコステロイドの関節内への注射

これらの病気は通常、痛風と同様に治療し、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)、コルヒチンの経口薬、またはコルチコステロイドの関節内への注射( 痛風の治療に用いられる薬剤を参照)を用います。

これらの結晶を体内から完全に取り除く方法はありません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP