Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

ピロリン酸カルシウム関節炎

(偽痛風;ピロリン酸カルシウム結晶沈着症)

執筆者:

N. Lawrence Edwards

, MD, Department of Medicine, University of Florida College of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 5月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

ピロリン酸カルシウム関節炎(以前は偽痛風と呼ばれていた)は、ピロリン酸カルシウム二水和物の結晶が関節の軟骨に沈着することで生じる病気で、痛みを伴う間欠的な関節炎の発作、または関節リウマチに似た慢性関節炎が起こります。

  • 結晶が、関節液や関節の軟骨に蓄積して、様々な程度の炎症や組織の損傷を起こします。

  • 偽痛風の診断は、関節液中にピロリン酸カルシウムの結晶が見つかると確定します。

  • 治療には、非ステロイド系抗炎症薬を用い、ときにコルチコステロイドを関節内に注射します。

ピロリン酸カルシウム関節炎は、通常は高齢者にみられ、男女差はありません。

原因

なぜ、ピロリン酸カルシウム二水和物の結晶が、一部の人の関節にできるかは分かっていません。結晶は、以下に当てはまる人でよく発生します。

しかし、ピロリン酸カルシウム関節炎患者の大半では、これらの状態のいずれもみられません。偽痛風は遺伝性の場合もあります。

症状

ピロリン酸カルシウム関節炎の症状は、様々です。一部の患者では、痛みを伴う関節の炎症(関節炎)の発作が、通常は膝、手首、その他の比較的大きな関節に起こります。別の患者では、腕や脚の関節に長引く慢性の痛みやこわばりがあり、関節リウマチや変形性関節症と似ていることがあります。

突然で痛みを伴う(急性)発作は、通常、痛風の発作ほどひどくありませんが、痛風と同様に発熱することがあります。なかには、大量の結晶が沈着しているにもかかわらず、発作と発作の間は痛みを感じない人や、常に痛みがない人もいます。

結晶が関節の近くの組織に蓄積することが多い痛風と異なり、ピロリン酸カルシウム関節炎の患者では結晶の固いかたまり(痛風結節)ができることはまれです。

診断

  • 関節液の顕微鏡検査

  • ときにX線検査または超音波検査

ピロリン酸カルシウム関節炎の診断は、関節炎のある高齢者で疑われます(特に関節に腫れ、熱、痛みがある場合)。医師は、炎症を起こしている関節から、関節液のサンプルを針で採取(関節穿刺 関節穿刺(関節液の吸引) 筋骨格系の病気は、病歴と身体診察の結果に基づいて診断することがよくあります。医師が診断を下したり確定したりするのを助けるために、臨床検査、画像検査、またはその他の診断方法が必要になることがあります。 臨床検査は、筋骨格系の病気の診断にしばしば役立ちます。例えば、赤血球沈降速度(赤沈)は、血液を試験管に入れたときに赤血球が沈む速度を測定する検査です。炎症がある場合、通常は赤沈が上昇します。しかし、炎症は非常に様々な状況で起こるため、赤沈だ... さらに読む 関節穿刺(関節液の吸引) )して診断を確定します。関節液には、ピロリン酸カルシウム二水和物結晶が認められます。この結晶は、特別な偏光顕微鏡を用いて、尿酸結晶(痛風の原因)と識別することができます。

X線検査 X線検査 筋骨格系の病気は、病歴と身体診察の結果に基づいて診断することがよくあります。医師が診断を下したり確定したりするのを助けるために、臨床検査、画像検査、またはその他の診断方法が必要になることがあります。 臨床検査は、筋骨格系の病気の診断にしばしば役立ちます。例えば、赤血球沈降速度(赤沈)は、血液を試験管に入れたときに赤血球が沈む速度を測定する検査です。炎症がある場合、通常は赤沈が上昇します。しかし、炎症は非常に様々な状況で起こるため、赤沈だ... さらに読む X線検査 が、関節液を採取できない場合に行われます。関節の軟骨に結晶のかたまりが認められれば、偽痛風の診断が示唆されます。関節の超音波検査 超音波検査 筋骨格系の病気は、病歴と身体診察の結果に基づいて診断することがよくあります。医師が診断を下したり確定したりするのを助けるために、臨床検査、画像検査、またはその他の診断方法が必要になることがあります。 臨床検査は、筋骨格系の病気の診断にしばしば役立ちます。例えば、赤血球沈降速度(赤沈)は、血液を試験管に入れたときに赤血球が沈む速度を測定する検査です。炎症がある場合、通常は赤沈が上昇します。しかし、炎症は非常に様々な状況で起こるため、赤沈だ... さらに読む 超音波検査 によって関節の軟骨に結晶が認められることがあり、ピロリン酸カルシウム関節炎の診断が強く示唆されます。

予後(経過の見通し)

治療

  • 関節液の排出とコルチコステロイドの注射

  • 非ステロイド系抗炎症薬

  • 発作の予防のためにコルヒチン

  • 理学療法

通常、治療により急性発作を止めて、新たな発作を予防することが可能ですが、すでに損傷した関節の変化を元に戻すことはできません。過剰な関節液を排出させ、コルチコステロイド懸濁液を関節に注射して炎症と痛みを速やかに軽減することができます。

ピロリン酸カルシウム関節炎に対する、特別で効果的な長期の治療法はありません。しかし、理学療法(筋力強化訓練や関節可動域訓練など)が関節の機能を維持するために役立つことがあります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP