Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肘部管症候群

(尺骨神経障害)

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

肘部管(ちゅうぶかん)症候群は、尺骨神経が肘の位置で圧迫される(締めつけられる)ことによって起こる病気です。

  • 肘を繰り返し使うことによって肘部管症候群が生じることがあります。

  • 症状には、薬指と小指のしびれや針で刺したようなチクチクする感じ、肘の痛みなどがあります。

  • 診断は、診察と、必要な場合は神経機能検査の結果に基づいて下されます。

  • 治療としては、理学療法や副子固定などがあり、手術を行うこともあります。

手の病気の概要も参照のこと。)

肘部管が管と呼ばれるのは、狭い通路になっていて、尺骨神経が肘の周囲でそこを通り、手首や手へと向かっているためです。尺骨神経は、小指、薬指と、手の側面に感覚を与えています。尺骨神経は、肘の皮膚表面近く(尺骨の突起部)を通っているため、繰り返し肘をついてもたれたり、長時間肘を曲げたままでいたり、ときには、その部位に異常な骨の増殖があったりすると、簡単に損傷を受けます。この病気は、手根管症候群よりもまれです。野球のピッチャーは、スライダーと呼ばれる球種を投げるときに腕を過度にひねる必要があるため、肘部管症候群になりやすい傾向があります。

症状

肘部管症候群の症状には、薬指と小指のしびれや針で刺したようなチクチクする感じ、肘の痛みなどがあります。最終的に、手の筋力低下、特に、薬指と小指の筋力低下が起こることがあります。手の小さな筋肉の大部分を尺骨神経がコントロールしているため、筋力が低下すると、親指と人差し指でものをつまむ能力と、手で握る能力が損なわれることがあります。重度で慢性の肘部管症候群は、筋肉の萎縮や、手がかぎ爪のようになる変形を引き起こすことがあります。

診断

  • 医師の診察

  • ときに神経伝導検査

多くの場合、医師は診察結果に基づいて肘部管症候群の診断を下します。しかし、神経が損傷している正確な位置を割り出すために、神経伝導検査が必要になることがあります(特に手術を考慮している場合)。

治療

  • 副子と理学療法

  • ときに手術

軽い肘部管症候群の場合は、理学療法や夜間に肘が過度に曲がるのを防ぐために副子で固定するなどを行って、肘が圧迫されないようにします。日中に肘にパッドを装着するのも役立ちます。

副子による固定で効果が出ない人や、神経への圧迫が重度である人の約85%では、手術が有益で、通常、この手術では尺骨神経にかかる圧迫を取り除きます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP