Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

撓骨神経管症候群

(後骨間神経症候群)

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

撓骨神経管(とうこつしんけいかん)症候群は、撓骨神経の分枝が前腕、腕の後ろ側、または肘で圧迫された(締めつけられた)結果起こる病気です。

手の病気の概要も参照のこと。)

撓骨神経管が管と呼ばれるのは、そこが狭い領域であり、橈骨神経が肘の周囲でそこを通って、前腕から手へと向かっているためです。橈骨神経管はそれを取り囲む筋肉、腱、靱帯によってできています。撓骨神経が肘で圧迫される原因には、けが、ガングリオン脂肪腫(良性の脂肪腫瘍)、骨腫瘍、周囲の滑液包(液体で満たされた小さな袋で腱の下にある場合があります)や筋肉の炎症などがあります。

撓骨神経が圧迫された結果、前腕の上部や手の甲、肘の側方に、切られるような、貫くような、または突き刺すような痛みが生じます。手首や指をまっすぐに伸ばそうとすると痛みます。撓骨神経は、感覚を制御するというよりは動きを制御するための線維の方が多いため、しびれはありません。進行している場合、指を伸ばす筋肉の筋力が低下します。

撓骨神経管症候群の診断は、診察の結果に基づいて下されます。

治療

  • 副子

撓骨神経への圧迫を軽減するためには、手首や肘に副子をつけ、手首を回したり肘を曲げたりしないようにします。

手首の筋力が低下し、手首から先が下がってしまう傾向(下垂手)が認められた場合や、手術以外の治療を3カ月行っても症状が軽減しない場合は、神経の圧迫を取り除く手術が必要になることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP