Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

撓骨神経管症候群

(後骨間神経症候群)

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

医学的にレビューされた 2020年 5月
プロフェッショナル版を見る

撓骨神経管(とうこつしんけいかん)症候群は、撓骨神経の分枝が前腕、腕の後ろ側、または肘で圧迫された(締めつけられた)結果起こる病気です。

撓骨神経管が管と呼ばれるのは、そこが狭い領域であり、橈骨神経が肘の周囲でそこを通って、前腕から手へと向かっているためです。橈骨神経管はそれを取り囲む筋肉、腱、靱帯によってできています。撓骨神経が肘で圧迫される原因には、けが、 ガングリオン ガングリオン ガングリオンは、手や手首の関節または腱鞘の上に現れる、ゼリー状の液体を含んだ腫れです。 ガングリオンが発生する理由は不明です。 ガングリオンでは通常、症状はみられません。 診察の結果に基づいて、診断が下されます。 ガングリオンによって症状が生じる場合には、針によって液体を吸引するか、手術でガングリオンを切除します。 さらに読む ガングリオン 脂肪腫 脂肪腫 脂肪腫は、体脂肪が沈着した軟らかいしこりで、皮膚の下にでき、円形や楕円形のこぶ状になります。 ( 皮膚の良性腫瘍の概要も参照のこと。) 脂肪腫は非常によくみられ、皮膚の下に発生し、滑らかで軟らかいこぶのように感じられます。硬さは様々で、かなり硬く感じられるものもあります。脂肪腫の上の皮膚には異常はみられません。直径約7.5センチメートルよりも大きくなることはまれです。体のどこにでもできますが、特に前腕部、体幹、首によく生じます。女性にで... さらに読む 脂肪腫 (良性の脂肪腫瘍)、 骨腫瘍 骨の腫瘍の概要 骨腫瘍とは、骨に生じた異常な細胞の増殖物です。 骨腫瘍には、がん(悪性)と、そうでないもの(良性)があります。 悪性腫瘍は最初から骨に生じる場合(原発性のがん)と他の器官(乳房や前立腺など)に生じて骨に転移する場合(転移性のがん)とがあります。 腫瘍により、説明のつかない進行性の骨の痛みや、腫れ、骨折傾向(すぐに骨折しやすくなる)が生じる... さらに読む 、周囲の 滑液包 腱と滑液包 腱は、丈夫な帯状の結合組織であり、大部分はコラーゲンと呼ばれる強固なタンパク質でできています。腱は、筋肉の両端をしっかりと 骨につなぎ留めています。腱は、さやに包まれていることが多く、さやは滑らかで、腱が摩擦なしに動くことを可能にしています。 滑液包は、液体の詰まった小さな袋で、腱の下に存在していることがあり、腱の衝撃を吸収して損傷から守っています。滑液包は、隣接する構造の間に生じる衝撃も吸収し、例えば、骨と... さらに読む (液体で満たされた小さな袋で腱の下にある場合があります)や 筋肉 筋肉 筋肉には次の3つの種類があります。 骨格筋 平滑筋 心筋 このうち骨格筋と平滑筋は、筋骨格系の一部です。 さらに読む の炎症などがあります。

撓骨神経が圧迫された結果、前腕の上部や手の甲、肘の側方に、切られるような、貫くような、または突き刺すような痛みが生じます。手首や指をまっすぐに伸ばそうとすると痛みます。撓骨神経は、感覚を制御するというよりは動きを制御するための線維の方が多いため、しびれはありません。進行している場合、指を伸ばす筋肉の筋力が低下します。

撓骨神経管症候群の診断は、診察の結果に基づいて下されます。

治療

  • 副子

  • ときに手術

撓骨神経への圧迫を軽減するためには、手首や肘に副子をつけ、手首を回したり肘を曲げたりしないようにします。

手首の筋力が低下し、手首から先が下がってしまう傾向(下垂手)が認められた場合や、手術以外の治療を3カ月行っても症状が軽減しない場合は、神経の圧迫を取り除く手術が必要になることがあります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP