Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

指の腱鞘の感染症

(屈筋腱の感染性の腱鞘滑膜炎)

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

手のひらや指の内側の腱を包む腱鞘に細菌感染が生じることがあります。

手の病気の概要も参照のこと。)

膿の蓄積(膿瘍)が、手と指の内側に沿うの周囲にできることがあります。これらの腱は、腱鞘と呼ばれる、組織でできた鞘の中に入っています。鞘は腱が滑らかに動くのを助けています。腱鞘の膿瘍は、指の手のひら側の曲がるところを突き刺した傷が原因で起こります。また、治療していないひょう疽の膿が、指先から指の腱鞘の末端に広がる可能性があります。感染と膿が腱の周囲に生じ、急速に組織を破壊します。腱が滑る仕組みが障害されるため、手の指がほとんど動かせなくなります。

腱鞘の感染症の症状には、指の腫れと痛み、腱鞘部の圧痛があります。指を曲げて(屈曲して)いると症状が治まる感じがします。指を動かすと激しい痛みが起こることがあります。発熱がよくみられます。

診断

  • 医師の診察

  • X線検査

  • 培養検査

腱鞘の感染症の診断は、診察の結果に基づいて下されます。皮膚の下に隠れていることがある異物(歯の破片や針などの物体)を見つけるために、X線検査を行います。

感染症を引き起こしている細菌の種類を特定するために、膿瘍から膿のサンプルを採取して、検査室で細菌の増殖(培養検査)を試みます。

治療

  • 膿の排出

  • 抗菌薬

患者は入院します。医師は手術で切開して膿を排出します。抗菌薬を静脈から投与します(静脈内投与)。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP