Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

手根管症候群

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

医学的にレビューされた 2020年 5月
プロフェッショナル版を見る
やさしくわかる病気事典
本ページのリソース

手根管症候群は、正中神経が手首の手根管を通る所で圧迫され(締めつけられ)痛みが引き起こされる病気です。

  • 手根管症候群の大半は原因不明です。

  • 手の親指に近い指と手のひらが、痛くなったりチクチクしたりしびれたりします。

  • 診断は、診察と、必要な場合は神経機能検査の結果に基づいて下されます。

  • 通常、症状は、痛み止め、副子、またはときにコルチコステロイドの注射や手術で軽減できます。

手根管が管と呼ばれるのは、狭い通路になっていて、神経や腱がそこを通り、手首を通って手へと向かっているためです。手根管はそれを取り囲む 腱と滑液包 腱は、丈夫な帯状の結合組織であり、大部分はコラーゲンと呼ばれる強固なタンパク質でできています。腱は、筋肉の両端をしっかりと 骨につなぎ留めています。腱は、さやに包まれていることが多く、さやは滑らかで、腱が摩擦なしに動くことを可能にしています。 滑液包は、液体の詰まった小さな袋で、腱の下に存在していることがあり、腱の衝撃を吸収して損傷から守っています。滑液包は、隣接する構造の間に生じる衝撃も吸収し、例えば、骨と... さらに読む 靱帯 靱帯 靱帯は、コラーゲンと弾性線維の両方を含む結合組織で構成される丈夫な線維性の索(さく)です。弾性線維によって、靱帯はある程度伸びることができます。靱帯は、関節の周囲を取り巻いて関節を連結しています。靱帯は関節の強化と安定を助け、各関節は特定の方向にだけ動くようになっています。さらに靱帯は、膝の中などで骨と骨をつないでいます。 さらに読む 、骨によってできています。正中神経は、手首の手のひら側にあり、手根管を通っています。この神経は、親指、人差し指、中指と、薬指の親指側に感覚を与えています。

手根管症候群は非常によくみられる病気で、特に30~50歳の女性に多くみられます。片手のみに起こることもあれば両手に起こることもあります。

原因

手根管症候群は、正中神経の圧迫(締めつけ)によって生じます。圧迫は、手根管の周囲や中の組織が腫れたり、手首の手のひら側に線維性の組織の束が生じた際に起こります。

妊娠中の女性や、 糖尿病 糖尿病 糖尿病は、体がインスリンを十分に産生しないかインスリンに正常に反応しないため、血中の糖分の濃度(血糖値)が異常に高くなる病気です。 排尿が増加し、のどが渇くほか、減量しようとしていなくても体重が減少することがあります。 神経を損傷し、知覚に問題が生じます。 血管を損傷し、心臓発作、脳卒中、慢性腎臓病、視力障害のリスクが高まります。... さらに読む 甲状腺機能低下症 甲状腺機能低下症 甲状腺機能低下症は、甲状腺の働きが低下し、甲状腺ホルモンの産生が不十分になる病気で、身体の重要な機能が働く速度が低下します。 顔の表情が乏しく、声がかすれ、話し方はゆっくりになり、まぶたは垂れて、眼と顔が腫れます。 通常は1回の血液検査で診断が確定されます。 甲状腺機能低下症の人は、生涯にわたって甲状腺ホルモンの投与を受ける必要があります。 甲状腺は、体内の化学反応が進行する速度(代謝率)を制御する甲状腺ホルモンを分泌します。甲状腺ホル... さらに読む 甲状腺機能低下症 、特定の アミロイドーシス アミロイドーシス アミロイドーシスは、異常に折りたたまれたタンパク質がアミロイド線維を形成し、様々な組織や器官に蓄積して臓器が正常に機能しなくなり、臓器不全や死に至ることもあるまれな病気です。 アミロイドーシスの症状と重症度は、どの重要臓器が影響を受けるかによって異なります。 組織サンプル(生検サンプル)を採取し、顕微鏡で検査することにより、診断を確定しま... さらに読む アミロイドーシス 関節リウマチ 関節リウマチ(RA) 関節リウマチは炎症性関節炎の1つで、関節(普通は手足の関節を含む)が炎症を起こし、その結果、関節に腫れと痛みが生じ、しばしば関節が破壊されます。 免疫の働きによって、関節と結合組織に損傷が生じます。 関節(典型的には腕や脚の小さな関節)が痛くなり、起床時やしばらく動かずにいた後に、60分以上持続するこわばりがみられます。 発熱、筋力低下、他の臓器の損傷が起こることもあります。... さらに読む 関節リウマチ(RA) のある人も、手根管症候群が発生するリスクが高くなります。また、ドライバーの使用など、手首を伸ばした状態で繰り返し力を入れる動作を要求される仕事をしている人でもリスクが高くなります。不適切な姿勢でコンピュータのキーボードを使用することが、別の要因の1つである可能性もあります(ただし、これには議論があります)。振動に長時間さらされること(例えば特定の電動工具の使用による)も、手根管症候群の原因になるといわれています。しかし、ほとんどの場合、発症の原因は不明です。

症状

手根管症候群の症状としては、違和感、しびれ、チクチクする感覚、痛みが、親指側の3本の指と薬指の中指側半分にみられます。手全体に影響が出ることもあります。ときには、前腕部にも、痛み、焼けつくような感覚、チクチク感が生じます。手の置き方が原因で、しびれやチクチク感を伴う、焼けつくような痛みやうずくような痛みによって、就寝中に目が覚めることがよくあります。患者は、正常な感覚を取り戻そうとして手を振ることがあります。時間とともに、動かさないでいる手の親指側の筋力が低下し、筋肉が萎縮することがあります。

診断

  • 医師の診察

  • ときに神経伝導検査

適切なキーボードの配置

コンピュータのキーボードを使うときの配置が不適切だと、手根管症候群になるか、その一因になることがあります。損傷を予防するために、手首を中間位に保つべきです。つまり、手と前腕をつなぐ線をまっすぐにします。手の位置は前腕よりもわずかに低くしてもかまいません。しかし、決して手の方を高くせず、手首を上に曲げないようにします。キーボードは比較的低い位置に置くべきで、手の位置を肘よりもわずかに低く保ちます。手首を支えるためにリストパッドを使うこともできます。

キーボードを使つかうときの適切てきせつな姿勢しせい

治療

  • 副子

  • 基礎にある病気の治療

  • ときにコルチコステロイドの注射

  • ときに手術

手首の関節を過度に反らせることや、正中神経を過度に圧迫する姿勢を避け、コンピュータのキーボードの角度を調節すると、ときに症状をいくらか緩和できることがあります。手首用の副子で手を中間位に固定することや(特に夜間)、効き目の穏やかな痛み止めを服用することが、しばしば役に立ちます。

手首用の副子

手首用の副子は、手を中間位に保つことができるため、手根管症候群による痛みの軽減に役立ちます。

手首用の副子

痛みがひどい場合や、筋萎縮や筋力低下が認められる場合は、手術が正中神経の圧迫を取り除く最善の方法です。手術によって、正中神経を圧迫している線維性の組織の束を切り取ることができます。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP