Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

手の膿瘍

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

手の膿瘍は、手に膿がたまったもので、通常は細菌感染によって起こります。

手の病気の概要も参照のこと。)

手の膿瘍はかなり多くみられ、通常はけがが原因で起こります。

表在性の膿瘍は、皮膚のすぐ下に生じ、手のどこにでもできます。ほとんどは何かの破片や針で刺すなど、軽いけがが原因です。膿瘍の上には激しい痛み、熱感、発赤が生じ、わきのリンパ節にしばしば腫れがみられます。

より深部の膿瘍は、手のひらのどの部位にでもでき、中手骨(手首と指の間にある手の骨)の間に広がることがあります。このような感染は、皮膚が裂けたり、とがったもので手を刺したりすると起こることがあります。手のひらの膿瘍は、感染を起こした皮膚硬結(たこ)からも発生します。ズキズキする強い痛みで始まり、腫れを伴い、触れると激しい圧痛があります。腫れや痛みは、手のひらよりも手の甲の方がひどいことがあります。

手の膿瘍の診断は、診察の結果に基づいて下されます。皮膚の下に隠れていることがある異物(歯の破片や針などの物体)を見つけるために、X線検査を行います。

治療

  • 膿の排出

  • 抗菌薬と副子

手の膿瘍の治療としては、手術して切開することにより膿を排出します。抗菌薬も投与し、感染症が消えるまで副子をつけます。

こわばりと腫れを克服し機能を改善するために、後に理学療法を受けなければならないこともあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP