Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

手の変形性関節症

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

手の変形性関節症は、指の関節(特に指先の関節)に腫れや痛みを生じ、ときに嚢胞を形成します。

手の変形性関節症では、指先の関節の骨(ヘバーデン結節)と、指の中央の関節の骨(ブシャール結節)が大きくなります。これらの関節と親指の付け根がこわばり、ときに痛みを伴うことがあります。普通は手首、指の付け根、手の関節は侵されません。侵された関節は位置がずれることもあります。

手の病気の概要も参照のこと。)

診断

  • 医師の診察

  • X線検査

  • 血液検査

通常は、診察の結果に基づいて手の変形性関節症を診断できます。変形は、X線検査でも確認できます。

関節リウマチや他の種類の関節炎を否定するために、炎症の徴候の有無を調べる血液検査を行います。この検査の結果は変形性関節症の患者ではほぼ常に陰性です。

治療

  • 痛みを緩和する対策

  • ときにコルチコステロイドの注射または手術

手の変形性関節症の治療としては、関節可動域を改善する訓練を温水中で行う(運動中の痛みを軽減しできるだけ関節を柔軟にしておくため)、安静にする、間欠的に副子で固定して変形を予防する、鎮痛薬や非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)を用いて痛みや腫れを軽減するなどがあります。

ときに、痛みを軽減し可動域を広げるために、重症の関節にコルチコステロイドを注射しなければならないことがあります。

変形性関節症が進行して他の治療で効果がなければ、関節を手術で再建するか固定する必要がある場合もあります。変形性関節症に対する手術が必要なことが最も多い手の関節は、親指の付け根の関節です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP