Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ボタン穴変形

(ボタンホール変形)

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

ボタン穴変形は、指の真ん中の関節が内側(手のひら側)に曲がったまま固定し、指先の関節は外側(手のひらと反対側)に過剰に曲がった変形です。

手の病気の概要も参照のこと。)

この変形は、関節リウマチが原因で起こることが最も多いのですが、けが(深い切り傷、脱臼骨折など)や変形性関節症でも起こります。関節リウマチの人では、手指の真ん中の関節に、長期にわたって炎症が生じることで、この変形が発生することがあります。この変形がけがによってできた場合は、通常、腱(伸筋腱と呼ばれる)の付け根に損傷がみられます。その結果、指先につながっているこの腱の2本ある側索の間から、指の中央の関節(近位指節間関節)が、「ボタン穴を通る」ような形になります。つまり、ボタンがボタン穴を通るように、この関節の骨が腱の間から飛び出ます。この変形は手の機能を阻害することがあります。

ボタン穴変形の診断は医師が手を診察することによって下されます。

手の指の変形

関節リウマチなどの病気やけがによって、指が異常に曲がることがあります。スワンネック変形は、指の付け根の関節が内側に曲がり(屈曲)、真ん中の関節がまっすぐ伸び(伸展)、指先の関節が内側に曲がった状態(屈曲)です。ボタン穴変形は、指の真ん中の関節が内側(手のひら側)に曲がり、指先の関節が外側(手の甲側)に反りかえった状態をいいます。

手の指の変形

治療

  • 副子

  • ときに手術

伸筋腱(指を引き上げる腱)の損傷によるボタン穴変形は、副子をあて、真ん中の関節を完全に伸ばした状態を6週間保つことで、通常は矯正できます。しかし、瘢痕が生じ、永久的な変形がすでに生じてしまった場合(通常は何週間もかかります)は、副子の効果はありません。

副子で固定しても効果がない場合や、関節リウマチによる変形の場合には、機能を改善するために手術が必要になることもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP