Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

ボタン穴変形

(ボタンホール変形)

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

医学的にレビューされた 2020年 5月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

ボタン穴変形は、指の真ん中の関節が内側(手のひら側)に曲がったまま固定し、指先の関節は外側(手のひらと反対側)に過剰に曲がった変形です。

ボタン穴変形は、 関節リウマチ 関節リウマチ(RA) 関節リウマチは炎症性関節炎の1つで、関節(普通は手足の関節を含む)が炎症を起こし、その結果、関節に腫れと痛みが生じ、しばしば関節が破壊されます。 免疫の働きによって、関節と結合組織に損傷が生じます。 関節(典型的には腕や脚の小さな関節)が痛くなり、起床時やしばらく動かずにいた後に、60分以上持続するこわばりがみられます。 発熱、筋力低下、他の臓器の損傷が起こることもあります。... さらに読む 関節リウマチ(RA) が原因で起こることが最も多いですが、けが(深い切り傷、 脱臼 脱臼の概要 脱臼とは、関節を形成している骨が完全に離れることです。亜脱臼では、関節の骨が部分的にずれています。多くの場合、脱臼した関節は、医師が元の位置に戻す(整復する)まで脱臼したままですが、ときに自然に元の位置に戻ることがあります。 関節に起こる損傷は、ほとんどが外傷や酷使によるものです。... さらに読む 骨折 手の指の骨折 よくみられる手の指の骨折は、剥離骨折と指先(指尖部)の粉砕骨折などです。 指先がつぶされると、圧痛と腫れが生じ、爪が青黒くなって盛り上がることがあります。 ときとして、患部がより敏感になり、骨折が治った後も長期間にわたってその状態が続くことがあります。 医師は複数の角度からX線検査を行い、指先の骨折を診断します。 指先の骨折の治療は、保護材や指用の副子によって行いますが、必要であれば、爪の下から血液を排出し、折れた骨片を元の位置に戻す手... さらに読む 手の指の骨折 など)や 変形性関節症 変形性関節症 変形性関節症は軟骨と周囲の組織の損傷を引き起こす慢性疾患で、痛み、関節のこわばり、機能障害を特徴とします。 関節の軟骨と周囲の組織の損傷による関節炎は、加齢に伴い、非常によくみられるようになります。 痛みや腫れ、骨の過剰な増殖がよくみられ、起床時や動かずにいた後に生じて30分以内に治まるこわばり(特に関節を動かしていると治まりやすい)も一般的です。 診断は症状とX線所見に基づいて下されます。... さらに読む 変形性関節症 でも起こります。

関節リウマチの人では、手指の真ん中の関節に、長期にわたって炎症が生じることで、この変形が発生することがあります。

この変形がけがによってできた場合は、通常、腱(伸筋腱と呼ばれる)の付け根に損傷がみられます。その結果、指先につながっているこの腱の2本ある側索の間から、指の中央の関節(近位指節間関節)が、「ボタン穴を通る」ような形になります。つまり、ボタンがボタン穴を通るように、この関節の骨が腱の間から飛び出ます。この変形は手の機能を阻害することがあります。

ボタン穴変形の診断は医師が手を診察することによって下されます。

手の指の変形

関節リウマチなどの病気やけがによって、指が異常に曲がることがあります。スワンネック変形は、指の付け根の関節が内側に曲がり(屈曲)、真ん中の関節がまっすぐ伸び(伸展)、指先の関節が内側に曲がった状態(屈曲)です。ボタン穴変形は、指の真ん中の関節が内側(手のひら側)に曲がり、指先の関節が外側(手の甲側)に反りかえった状態をいいます。

手ての指ゆびの変形へんけい

治療

  • 副子

  • ときに手術

伸筋腱(指を引き上げる腱)の損傷によるボタン穴変形は、副子をあて、真ん中の関節を完全に伸ばした状態を6週間保つことで、通常は矯正できます。しかし、瘢痕が生じ、永久的な変形がすでに生じてしまった場合(通常は何週間もかかります)は、副子の効果はありません。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP