Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ドケルバン症候群

(洗濯婦のねんざ)

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

ドケルバン症候群とは、手の親指を外側に動かす腱や腱鞘の腫れと炎症のことです。

手の病気の概要も参照のこと。)

通常、ドケルバン症候群は、手首の使用(特にしぼる動作)を繰り返した後に起こります。母親になったばかりの人に発症することがよくありますが、これはおそらく、腕を伸ばし手首だけを使って何度も乳児を持ち上げることが原因だと思われます。関節リウマチの場合にも起こることがあります。

ドケルバン症候群の主な症状は、手首の親指側と親指の付け根のうずくような痛みであり、動かすと痛みがひどくなります。手首近くの親指の付け根には圧痛も伴います。

手首の親指側の2本の腱の上に圧痛(通常は腫れを伴う)があると、ドケルバン症候群であると診断されます。医師は、圧痛を確認するために、親指を手のひらの方向に曲げて他の指で親指を包み込むように患者に指示します。患者はそこから手首を小指側に曲げます。この動作で手首の親指側に痛みが生じれば、ドケルバン症候群の可能性が高いと考えられます。

母親になったばかりの人では、乳児を持ち上げるときに、手首をまっすぐにしたまま腕全体を使うようにすれば、この病気を避けることができるでしょう。

治療

  • コルチコステロイドの注射

  • 親指の副子

  • ときに手術

痛みを引き起こす動作は控えるべきです。症状の軽い患者では、安静、温浴、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)が役に立つことがあります。

症状が重い患者では、コルチコステロイドの注射と親指に副子をあてることで治療すれば、通常は楽になります。ときには、数週間の間隔をおいて、注射を1、2回追加することが必要です。

こうした方法で症状が緩和しない場合は、腱を解放する手術が必要になることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP