Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

スワンネック変形

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

スワンネック変形とは、指の付け根の関節が曲がり(屈曲)、真ん中の関節がまっすぐ伸び(伸展)、指先の関節が曲がっている(屈曲)状態です。

手の病気の概要も参照のこと。)

スワンネック変形の最も一般的な原因は関節リウマチです。他の原因としては、つち指を治療しなかった場合や、手の内部の指の付け根にある線維板や指の靱帯(じんたい)のゆるみ(弛緩)、神経の損傷による手の筋肉の慢性のれん縮(けい縮と呼ばれます)、他の種類の関節炎、指のの断裂、指の真ん中の骨の骨折が治癒するときのずれなどがあります。指を普通に曲げられなくなることがあります。したがって、この変形はかなりの障害につながる可能性があります。

手の指の変形

関節リウマチなどの病気やけがによって、指が異常に曲がることがあります。スワンネック変形は、指の付け根の関節が内側に曲がり(屈曲)、真ん中の関節がまっすぐ伸び(伸展)、指先の関節が内側に曲がった(屈曲)状態です。ボタン穴変形は、指の真ん中の関節が内側(手のひら側)に曲がり、指先の関節が外側(手の甲側)に反りかえった状態をいいます。

手の指の変形

親指は他の指より関節の数が1つ少ないため、親指に真のスワンネック変形が起こることはありません。しかし、カモノハシ変形、Z(ジグザグ)型変形、または直角変形と呼ばれるスワンネック変形の一種では、親指の指先の関節が過剰に伸び、付け根の関節が90度に曲がります。親指のカモノハシ変形と、1本または複数本の手指のスワンネック変形が同時に起こると、ものをつまむ能力が大きく低下することがあります。

スワンネック変形の診断は、医師が手と指を診察することによって下されます。

治療

  • 基礎疾患の治療

  • 指の副子

  • ときに手術

スワンネック変形の治療は、可能ならば、原因になっている基礎疾患を治すことを目指します。

まだ瘢痕が生じていない軽い変形であれば、リングスプリントと呼ばれる手指用の固定具による治療が可能であり、手を使える状態を保ちながら変形を矯正します。

手術で関節のずれを整える方法や、親指または他の指の関節を最も機能しやすい位置で固定する方法(指節間関節固定術)は、ものをつまむ能力を大幅に改善できます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP