Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ガングリオン

(ガングリオン嚢胞)

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

ガングリオンは、手や手首の関節または腱鞘の上に現れる、ゼリー状の液体を含んだ腫れです。

  • ガングリオンが発生する理由は不明です。

  • ガングリオンでは通常、症状はみられません。

  • 診察の結果に基づいて、診断が下されます。

  • ガングリオンによって症状が生じる場合には、針によって液体を吸引するか、手術でガングリオンを切除します。

手の病気の概要も参照のこと。)

ガングリオンは一般に、20~50歳の年齢層の人に自然に発生します。女性で男性の3倍多くみられます。通常、ガングリオンは、手首の甲側に発生します。さらにガングリオンは、手首の手のひら側や、手のひらの指の付け根、爪のあま皮から数ミリメートル手前のところにもみられます(この場所では粘液嚢胞とも呼ばれます)。

なぜガングリオンが手首にできるのかは分かっていませんが、過去のけがに関連している可能性があります。通常、指の背側にできるガングリオンは、指先の関節に起こる関節炎に関連しています。しかし、ほとんどの場合、ガングリオン嚢胞があるからといって関節炎が生じるというわけではありません。

知っていますか?

  • 本などでガングリオン嚢胞をたたくような民間療法は勧められません。

症状

ガングリオンは、皮膚の表面の下に盛り上がった、円形または楕円形の、滑らかで硬い腫れです。その中には透明なゼリー状の液体が含まれており、この液体には通常は粘性があります。通常、痛みはありませんが、ときに不快感があります。

診断

医師は、手を診察すれば、容易にガングリオンの診断を下すことができます。

治療

  • 針による液体の除去

  • 手術による摘出

ガングリオンの大半は自然に消えるため、治療は必要ない場合もあります。しかし、外見的に問題があったり、不快感があったり、大きくなり続けたりする場合は、医師に注射器を用いて内部のゼリー状の液体を取り除いてもらうことができます(吸引と呼ばれます)。吸引は約50%の患者で効果的です。その後、不快感をさらになくすために、ときにコルチコステロイドを注射することもあります。テーブルなどの硬いところに手を置き、分厚い本など硬いものでたたいてガングリオンを取ってはいけません。この方法は、けがをするおそれがあり、信頼できる方法とはいえません。

約40~70%の患者では、手術で切除しなければならないことがあります。手術後、約5~15%の患者でガングリオンが再発します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP