Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ひょう疽

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

ひょう疽は、指先の軟部組織(指の腹)の感染症で、通常は細菌が原因です。

ひょう疽によって指先の内側に膿がたまることがあり(膿瘍)、これによって周囲の組織が圧迫されて壊死を起こします。指先が非常に熱くなり、腫れ、硬くなり、ズキズキする強い痛みがあります。

ひょう疽の診断は医師が患部の指を診察することによって下されます。

手の病気の概要も参照のこと。)

治療

  • 膿の排出

  • 抗菌薬

ひょう疽は、すぐに治療しなければ、その下にある骨、関節、腱にまで感染が及ぶことがあります。ひょう疽の治療では、膿を速やかに排出します。医師は手術で切開して膿を排出します。抗菌薬を経口投与します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP