Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

ばね指

(指の屈筋腱炎:指の屈筋腱腱鞘炎)

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

医学的にレビューされた 2020年 5月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

ばね指は、手の腱の炎症によって、手の指が曲がったまま動かなくなる状態です。

ばね指では、手の指が曲がった位置で動かなくなります。指を曲げるための 腱と滑液包 腱は、丈夫な帯状の結合組織であり、大部分はコラーゲンと呼ばれる強固なタンパク質でできています。腱は、筋肉の両端をしっかりと 骨につなぎ留めています。腱は、さやに包まれていることが多く、さやは滑らかで、腱が摩擦なしに動くことを可能にしています。 滑液包は、液体の詰まった小さな袋で、腱の下に存在していることがあり、腱の衝撃を吸収して損傷から守っています。滑液包は、隣接する構造の間に生じる衝撃も吸収し、例えば、骨と... さらに読む の1つが炎症を起こして腫れると、指が動かなくなり、しばしば手のひらに円形の盛り上がった目立つ領域(結節)がみられます。炎症と腫れによって手のひらや指の付け根に痛みが生じることがあり、特に指を曲げたり伸ばしたりしたときに痛みが起こります。

正常であれば、この腱は指の曲げ伸ばしの際、周囲のさやに滑らかに出入りしています。ばね指の場合、炎症を起こした腱は、指を曲げたときにさやから出ることはできます。しかし、腱の腫れがひどくなると、指を伸ばそうとしたときに簡単にさやの中に戻れないため、指が動かなくなります。指を伸ばすには、指を引っ張って腱の腫れた部分をさやに無理やり押し込まなければならず、その結果、急に解放されて、引き金を引いたときのような弾ける感じがします。

ばね指の診断は、医師が手と指を診察することによって下されます。

ばね指の状態

ばね指では、指を曲げるための腱の1つが炎症を起こし腫れた際に、指が曲がった位置で動かなくなります。

ばね指の状態

治療

  • 痛みを緩和する対策

  • ときにコルチコステロイドの注射

  • ときに手術

慢性のばね指を治療するには、一般に手術が必要です。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP