Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

かみ傷による手の感染症

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

人間によるかみ傷に関連する手の感染症で最もよくみられるのは、誰かの口を殴ったときにできた拳のけがによるものです(英語ではclenched fist injuryやfight biteと呼ばれます)。動物にかまれるケースも手の感染症の原因としてよくみられます。人間や動物にかまれた結果、数種類の細菌によって傷口が汚染されることがあります。どのようなかみ傷でも、潜在的には危険があり、重い感染症や重篤な合併症(腱の感染症や感染性関節炎など)を引き起こす可能性があります。

かみ傷が感染していると、痛み、腫れ、発赤、圧痛が起こります。

手の病気の概要も参照のこと。)

診断

  • 医師の診察

  • X線検査

  • 培養検査

感染したかみ傷の診断は、診察の結果に基づいて下されます。しかし、皮膚が破れている場合は、感染を引き起こしたり、悪化させたりする骨折、歯、異物を見つけるために、しばしばX線検査を行います。

感染症を引き起こしている細菌の種類を特定するために、傷の内部を綿棒でぬぐうか、傷から膿のサンプルを採取して、検査室で細菌の増殖(培養検査)を試みます。

治療

  • 傷の徹底的な洗浄

  • 抗菌薬

傷を受けた部分は徹底的に洗浄するべきです。通常、医師は外科的な手技を用いて、確実に傷の全体をきれいにします。その後、通常は傷口を開いたままにして排液させます。感染症が重度ではなく傷が深くない場合は、感染が広がるのを予防するために抗菌薬が経口投与されます。医師が関節の感染症(感染性関節炎)を疑う場合、関節の永久的な破壊を予防するために抗菌薬が静脈内投与されます。どの抗菌薬が効果的なのかは、患者が生活する地域でよくみられる細菌によって決まります。感染症が重い場合は、患者を入院させて抗菌薬を静脈内投与します。

患者は、傷を清潔に保ち腫れを最小限に抑えるために、包帯をつけてできるだけ手を上げ、理想としては頭より高く上げます。できるだけ日常生活に困らない位置で副子をつけて手が動かないように保ち、治癒を促すこともあります。

手の副子

手の副子は、傷が治癒する間、日常生活に困らないような位置で、手が動かないよう固定するために役立ちます。

手の副子

知っていますか?

  • かみ傷の感染症を予防するには、できるだけ早く傷を完全に洗浄して排液することが最も大切です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP