Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

薬剤性肺障害

執筆者:

Joyce Lee

, MD, MAS, University of Colorado School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 6月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

薬剤性肺障害は、1つの病気ではありません。多くの薬剤が、ほかに肺疾患のない人に、肺の障害を引き起こします。障害の種類は使用する薬剤によって異なりますが、多くの薬剤がアレルギー型の反応を引き起こすと考えられています。高齢者ではしばしば重症化します。アレルギー型の反応が原因でない場合、病気の範囲と重症度は、薬剤の用量や使用期間によって変わることがあります。

薬剤によって、せき、喘鳴、息切れ、その他の肺症状がみられます。症状は数週間から数カ月かけて徐々に現れることもあれば、突然、重度の症状が現れることもあります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP