Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

薬剤性肺障害

執筆者:

Joyce Lee

, MD, MAS, University of Colorado Denver

最終査読/改訂年月 2017年 6月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

薬剤性肺障害は、1つの病気ではありません。多くの薬剤が、ほかに肺疾患のない人に、肺の障害を引き起こします。障害の種類は使用する薬剤によって異なりますが、多くの薬剤がアレルギー型の反応を引き起こすと考えられています。高齢者ではしばしば重症化します。アレルギー型の反応が原因でない場合、病気の範囲と重症度は、薬剤の用量や使用期間によって変わることがあります。

薬剤によって、せき、喘鳴、息切れ、その他の肺症状がみられます。症状は数週間から数カ月かけて徐々に現れることもあれば、突然、重度の症状が現れることもあります。

診断と治療は同じであり、疑われる薬剤を中止して、症状が軽快するか観察します。ときに、コルチコステロイドが投与されます。肺に問題を引き起こすことが分かっている薬剤を処方する前に、肺機能検査が行われることもありますが、薬剤性肺障害の予測または早期発見のためのスクリーニングにメリットがあるかどうかは不明です。

間質性肺疾患の概要も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP