Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

呼吸細気管支炎を伴う間質性肺疾患と剥離性間質性肺炎

執筆者:

Joyce Lee

, MD, MAS, University of Colorado Denver

最終査読/改訂年月 2017年 6月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

呼吸細気管支炎を伴う間質性肺疾患剥離性間質性肺炎は、肺に慢性的な炎症を引き起こすまれな病気で、主に喫煙者または以前に喫煙していた人にみられます。

特発性間質性肺炎の概要も参照のこと。)

呼吸細気管支炎を伴う間質性肺疾患と剥離性間質性肺炎は、いずれも特発性間質性肺炎の一種です。この2つの病気には多くの類似点があるため、同じ病気ではないかと考える専門家もいます。しかし、多くの場合、剥離性間質性肺炎の方が重症です。いずれの病気も、30代から40代の喫煙者にみられます。また、女性より男性に多くみられます(発生比率は、女性1人に対して男性で約2人です)。

せきがみられることもあります。多くの人は、ちょっとした運動でも息切れを起こします。

診断

  • 胸部X線検査または胸部CT検査

いずれの病気でも、胸部X線検査では特発性肺線維症ほど重度の変化はみられず、最大20%の患者では何の変化も認められません。胸部CT(コンピュータ断層撮影)検査でも、肺の変化が分かります。肺機能検査では、肺に吸い込める空気の量が減少していることが明らかになります。血液中の酸素レベルも低下します。

診断を確定するためには、しばしば肺生検が必要になります。

治療

  • 禁煙

病気がどのように進行するかを常に予測できるわけではありませんが、いずれの病気でも禁煙すると予後は良好です。

治療の鍵は禁煙です。コルチコステロイドや細胞傷害性薬剤(アザチオプリンやシクロホスファミド)は、他の間質性肺疾患で効果がみられることもあるため、一部の医師は使用していますが、これらの疾患における有効性は明らかではありません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP