Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

縦隔炎

執筆者:

Richard W. Light

, MD, Vanderbilt University Medical Center

最終査読/改訂年月 2017年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

縦隔炎は、縦隔(心臓、胸腺、一部のリンパ節のほか、食道、大動脈、甲状腺、副甲状腺の一部が入っている胸部の空間)に起きる炎症です。

  • 縦隔炎は通常、食道の裂傷または胸部の手術が原因で起こります。

  • 強い胸痛、息切れ、発熱などの症状がみられます。

  • 診断には、胸部X線検査またはCT(コンピュータ断層撮影)検査が必要です。

  • 治療には抗菌薬を用い、ときに手術が必要になります。

胸膜疾患の概要も参照のこと。)

縦隔炎には以下のものがあります。

  • 急性(突然起こるもの)

  • 慢性(長期間刺激にさらされた結果、または長引く感染症の結果、徐々に発生するもの)

縦隔炎は、ほとんどの場合、感染症によって起こります。感染の最も一般的な原因は、次の2つです。

  • 食道が裂ける

  • 胸部の手術(胸骨正中切開と呼ばれる処置)

内視鏡検査、無理な嘔吐、胸部のけがなどにより、食道が裂けてしまうことがあります(無理な嘔吐によるものはブールハーフェ症候群と呼ばれます)。アルカリ液やボタン電池などの腐食性物質を飲み込んでしまい、食道が裂けることもあります。

胸骨正中切開は、胸の中央にある骨(胸骨)の部分を縦方向に切開し、胸骨を2つに分けて開く処置です。胸骨正中切開は、心臓移植、心臓弁の手術、または冠動脈バイパス術などの処置を行う際に、胸の内部へ到達するために行われます。

知っていますか?

  • 小児がボタン電池を飲み込んでしまった場合、重篤な感染症である縦隔炎を発症するリスクがあります。

あまり一般的でない原因には、結核ヒストプラズマ症(真菌による感染症)、サルコイドーシス、放射線療法、または珪肺症などがあります。これらの病気は、慢性縦隔炎を引き起こす傾向があります。

慢性縦隔炎が進行して、慢性線維性縦隔炎になることもあります。慢性線維性縦隔炎になると、血管または気道(気管支)がふさがれてしまうことがあります。

症状

食道が裂けると、突然、強い胸痛や息切れが生じます。発熱や悪寒など、感染症の症状がみられる患者もいます。

胸部の手術後に縦隔炎が発生した場合には、切開部から液体が漏れ出ることがあります。

慢性線維性縦隔炎になると、徐々に息切れがみられるようになります。

診断

  • 胸部X線検査またはCT検査

縦隔炎の原因となりうる状態があれば、医師は症状に基づいて縦隔炎の診断を下せることがよくあります。例えば、縦隔炎を示唆する症状のある患者が、最近胸または食道の手術を行っていたり、結核やその他のゆっくり発生する感染症にかかっていたりする場合などです。

縦隔炎が突然発生した場合、通常は非常に激しい症状がみられるため、たとえ患者が原因をうまく伝えられない状況であっても、医師は縦隔炎ではないかと疑うことができます。例えば、酔っていて無理矢理嘔吐したことを覚えていない患者、腐食性物質を飲み込んだ幼児などの場合です。

診断の確定には、胸部X線検査またはCT検査を用います。

胸骨正中切開を受けた患者が縦隔炎を発症した場合、医師は胸骨の切開部から胸の中へ針を挿入して、採取した液体を顕微鏡で調べる検査(穿刺吸引細胞診)を行うことがあります。

治療

  • 抗菌薬

  • ときに手術

感染症治療のため、抗菌薬が投与されます。感染した液を胸部から抜き取るため、裂けた食道を修復するため、またはその両方の目的で、手術が必要になることがあります。線維性縦隔炎には治療法がありません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP