Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

縦隔気腫

執筆者:

Richard W. Light

, MD, Vanderbilt University Medical Center

最終査読/改訂年月 2017年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

縦隔気腫は、胸部の中央にある空洞(縦隔)に空気がたまることです。

縦隔内に空気が入るのは以下のような場合です。

  • 肺の小さな空気の袋(肺胞)が引っ張られて裂けた場合

  • 食道が裂けた場合

  • 腸管が裂け、それにより空気が胸腔内に漏れた場合

胸膜疾患の概要も参照のこと。)

たいていの場合、胸骨下に痛みが生じます。ひどい痛みになることもあります。

身体診察の際、医師が聴診器を患者の胸に当てると、プチプチまたはパチパチという音が聞こえることがあります。診断を確定するには、胸部X線検査を行います。

通常、治療は不要です。しかし、縦隔気腫の原因となった病態は治療を要することがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP