Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

開胸術

執筆者:

Noah Lechtzin

, MD, MHS, Johns Hopkins University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

開胸術は、胸壁を切り開いて、胸部にある内臓を観察したり、検査用の組織サンプルを採取したり、肺、心臓、主要な動脈などの病気を治療したりする手術です。

この開胸術は大手術であるため、他の診断検査ほど頻繁に行われることはありません。胸腔穿刺気管支鏡検査縦隔鏡検査などでは十分な情報が得られなかった場合に開胸術が行われます。サンプルを採取する場所を実際に見て選ぶことができるだけでなく、大きな組織サンプルを採取できるため、開胸術を行った患者の90%以上で、肺の病気を確定できます。がん組織を肺から切除する際にも開胸術がよく使用されます。開胸術を行うことで、外科医は病変全体を見ながら切除できます。

開胸術は手術室で行われ、全身麻酔が必要です。胸壁を切開し、顕微鏡検査のための肺の組織サンプルを採取します。両方の肺からサンプルを採取する必要がある場合は、通常、胸骨のところを縦に切断します。必要であれば、肺の一部や肺葉を切除したり、片方の肺全体を摘出したりすることもあります。

医師は、ドレーンを胸腔内に挿入し、24~48時間そのままにしておきます。通常、患者は数日間入院します。合併症には、感染症、出血の持続、胸腔への空気の漏れ(気胸)の持続などがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP