Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

胸腔鏡検査

執筆者:

Noah Lechtzin

, MD, MHS, Johns Hopkins University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

胸腔鏡検査では、胸腔鏡を介して肺の表面や胸腔を観察します。胸腔鏡は特定の外科手術のために用いられることもあります。胸腔鏡を用いた手術は胸腔鏡下手術(VATS)と呼ばれます。肺の組織サンプルを採取する最も一般的な生検の方法は、胸腔鏡によるものです。胸腔鏡は、胸水(胸腔内に液体がたまった状態)の治療にも使用されます。

胸腔鏡下手術は一般に全身麻酔下で行われますが、胸腔鏡検査であれば、目が覚めた状態で鎮静薬だけを投与して行われることもあります。医師は、胸壁に最大3カ所小さな切り込みを入れ、胸腔内へ胸腔鏡を挿入します。これによって空気が胸腔内へ入り、肺はつぶれた状態になります。胸腔鏡で肺表面や胸膜を観察できるほかに、顕微鏡検査や培養検査用に組織サンプルを採取することもできます。場合によっては、胸腔鏡を介して薬剤を投与し、胸腔内に再び水がたまらないようにすることもできます。胸腔鏡を取り出した後に胸腔ドレーンを挿入し、処置中に胸腔に入った空気を抜くと、つぶれた肺が再び膨らみます。

合併症は、胸腔穿刺や胸膜の針生検と同じです。しかし、この処置は患者の体への負担が大きく、小さな傷も残る上、入院も必要です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP