Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肺疾患の検査の概要

執筆者:

Noah Lechtzin

, MD, MHS, Johns Hopkins University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

医師による病歴聴取と身体診察が終われば、続いてしばしば胸部X線検査が行われます。病歴、身体診察、胸部X線検査の結果から、症状の原因を特定するにはほかにどのような検査を行う必要があるか、たいてい見当がつきます。

空気を保持し、移動させ、酸素と二酸化炭素を交換する肺の能力を測定する検査が行われることもあります。この検査(肺機能検査)は、肺疾患を大まかなタイプに分類し、その重症度を判定するのに役立ちます。肺疾患の具体的な原因を判定するには、胸部画像検査気管支鏡検査胸腔鏡検査などの他の検査が用いられます。

心疾患でも、息切れやその他の肺疾患でみられるような症状が生じることがあり、また肺疾患自体が心臓に影響を及ぼすこともあるため、肺の症状がある人でもしばしば心電図検査心エコー検査とその他の超音波検査が行われます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP