Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

肺疾患の検査の概要

執筆者:

Rebecca Dezube

, MD, MHS, Johns Hopkins University

医学的にレビューされた 2019年 7月
プロフェッショナル版を見る

医師による病歴聴取と身体診察が終われば、続いてしばしば 胸部X線検査 胸部の画像検査 胸部の画像検査には以下があります。 X線検査 CT(コンピュータ断層撮影)検査 MRI(磁気共鳴画像)検査 シンチグラフィー さらに読む が行われます。病歴、身体診察、胸部X線検査の結果から、症状の原因を特定するにはほかにどのような検査を行う必要があるか、たいてい見当がつきます。

空気を保持し、移動させ、酸素を取り込む肺の能力を測定する検査が行われることもあります。この検査(肺機能検査 肺機能検査 肺機能検査では、肺にためることができる空気の量、肺から空気を出し入れする能力、肺に酸素を取り込む能力を測定します。 肺機能検査は、肺疾患の具体的な原因を突き止めるというより、一般的なタイプや重症度を調べるのに適していますが、 喘息や 慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの特定の病気を診断するために使用されることもあります。 ( 肺疾患に関する病歴聴取と身体診察および 呼吸器系も参照のこと。)... さらに読む 肺機能検査 )は、肺疾患を大まかなタイプに分類し、その重症度を判定するのに役立ちます。肺疾患の具体的な原因を判定するには、 胸部の画像検査 胸部の画像検査 胸部の画像検査には以下があります。 X線検査 CT(コンピュータ断層撮影)検査 MRI(磁気共鳴画像)検査 シンチグラフィー さらに読む 気管支鏡検査 気管支鏡検査 気管支鏡検査とは、気管支鏡(観察用の管状の機器)を用いて発声器(喉頭)や気道を直接観察することです。 気管支鏡の先端にはカメラが付いていて、これによって太い気道(気管支)から肺の内部を観察できます。医師は、気管支鏡に小さな器具を通し、肺や気道組織のサンプルを採取して、肺疾患の診断や一部の肺疾患の治療に役立てることもできます。気管支鏡には、柔軟なもの(軟性気管支鏡)と硬いもの(硬性気管支鏡)があります。気管支鏡によるほとんどの処置(特に診... さらに読む 気管支鏡検査 胸腔鏡検査 胸腔鏡検査 胸腔鏡検査は、観察用の管状の機器(胸腔鏡)を介して肺の表面や胸腔を観察する検査です。 胸腔鏡検査は、肺や肺の周囲の空間(胸腔)を観察するために行われます。より侵襲性の低い検査で結論が出ない場合に、肺や胸膜を観察するため用いられることがあります。 胸腔鏡検査は特定の外科手術のために用いられることもあります。胸腔鏡を用いた手術は胸腔鏡下手術(VATS)と呼ばれます。生検のために肺の組織サンプルを採取する最も一般的な方法は、胸腔鏡を用いるもの... さらに読む などの他の検査が追加されます。

心疾患でも、息切れやその他の肺疾患でみられるような症状が生じることがあり、また肺疾患自体が心臓に影響を及ぼすこともあるため、このような症状がある人ではしばしば 心電図検査 心電図検査 心電図検査は心臓の電気刺激を増幅して記録する検査法で、手早く簡単に行える痛みのない方法です。この記録は心電図と呼ばれ、以下に関する情報が得られます。 心臓の1回1回の拍動を引き起こしている、ペースメーカーとしての部分(洞房結節、洞結節) 心臓の神経伝導経路 心拍数や心拍リズム 心電図では、心臓が拡大していること(通常の原因は 高血圧)や、心臓に血液を供給する冠動脈の1つが閉塞しているために心臓に十分な酸素が行き届いていないことが示される... さらに読む 心電図検査 (心臓の電気信号を測定する)や 心エコー検査(心臓の超音波検査) 心エコー検査とその他の超音波検査 超音波検査では、周波数の高い超音波を内部の構造に当てて跳ね返ってきた反射波を利用して動画を生成します。この検査ではX線を使いません。心臓の超音波検査(心エコー検査)は、優れた画像が得られることに加えて、以下の理由から、心疾患の診断に最もよく用いられる検査法の1つになっています。 非侵襲的である 害がない 比較的安価である 広く利用できる さらに読む 心エコー検査とその他の超音波検査 が行われます。

肺動脈カテーテル検査 肺動脈カテーテル検査 肺動脈は、心臓の右側から肺に血液を送る動脈です。肺動脈カテーテル検査では、右心房と右心室を介して肺動脈にカテーテルを挿入します。これは、重篤な状態の患者で心臓の全体的な機能を測定する際に有用となる検査で、特に輸液を行っている場合に役立ちます。そのような人としては、重度の心疾患や肺疾患( 心不全、 心臓発作、 不整脈、 肺塞栓症などで合併症がある場合)の患者や、心臓の手術を受けた直後の人、... さらに読む は、肺疾患が心機能に与える影響を測定するために用いられることがあります。この検査は、細長い合成樹脂製のチューブ(カテーテル)を静脈から心臓、肺動脈へと通して行います。このカテーテルを介して測定を行ったり、カテーテルから色素を注入し、肺の血管に血栓やその他の異常がないか調べたり(肺血管造影)できます。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP