Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

縦隔鏡検査と縦隔切開術

執筆者:

Noah Lechtzin

, MD, MHS, Johns Hopkins University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

縦隔鏡検査は、縦隔鏡(観察用の管状の機器)を介して縦隔(左右の肺の間にある胸部の領域)を直接観察する方法です。縦隔切開術は、外科手術で縦隔を開くことです。縦隔には心臓、気管、食道、胸腺、リンパ節などが収まっています。縦隔鏡検査は、胸の奥深くにあるリンパ節腫大の原因を診断するか、胸部手術(開胸術)を行う前に肺がんがどこまで広がっているかを調べるために使用されることがほとんどです。

縦隔鏡検査は手術室で全身麻酔下に行われます。医師は、胸骨の少し上にあるくぼみに小さく切り込みを入れます。次に、縦隔鏡を気管の前に挿入して、気管の隣にある縦隔内部を観察したり、必要な場合は診断検査用のサンプルを採取したりします。縦隔切開術を行うと、縦隔鏡では到達できない部位に直接到達できます。縦隔鏡検査と縦隔切開術は通常、非常に安全ですが、ときに麻酔への反応、感染症、気胸(肺の損傷によって空気が胸腔に漏れること)などの合併症が起こることがあります。頻度は下がりますがより重篤な合併症として、心臓の周りにある太い血管の損傷による出血や、胸部の神経の損傷(声がれの原因となります)などが起こることもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP