Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

吸引

執筆者:

Noah Lechtzin

, MD, MHS, Johns Hopkins University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

吸引は、気管や太い気管支から分泌物や細胞を採取するために行われ、一般的には人工呼吸器を使用している人に限られます。顕微鏡検査や培養検査用のサンプルを採取したり、せきが十分にできない場合に気道から分泌物を取り除いたりするための処置です。

透明な合成樹脂製の長く柔軟なチューブを鼻孔または口から気管へ挿入し、チューブの他端を吸引ポンプにつなぎます。チューブが正しい位置に届いたら、2~5秒間の吸引を間欠的に行います。首から気管につながるチューブ(気管切開チューブ)や、口や鼻から気管につながるチューブ(気管内チューブ)がある場合は、吸引チューブを直接そのチューブにつなぐことができます。気管につながるチューブに少量の塩水を入れると、吸引による分泌物や細胞の採取が容易になることもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP