Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肺疾患の症状の概要

執筆者:

Noah Lechtzin

, MD, MHS, Johns Hopkins University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

肺と気道の病気は、呼吸器疾患、肺疾患、肺障害などと呼ばれます。肺の病気では以下の症状が最もよくみられます

また、それほど多くありませんが、口と肺との間にある気道がふさがれると、呼吸時にあえぐような音(吸気性喘鳴[stridor])が聞かれるようになります。(訳注:英語のwheezingは呼気時の音で、stridorは吸気時の音です。一般にstridorの方が大きな音がします。)肺に異常があると、せきとともに血を吐いたり(喀血[かっけつ])、血液中の酸素が不足して起こる皮膚の色の青っぽい変化(チアノーゼ)または胸痛がみられることもあります。肺の病気が長引くと、ばち状指などのように、体の他の部位に変化をきたすことさえあります。

こうした症状は、呼吸器疾患だけにみられるわけではありません。例えば、胸痛は、心疾患や消化器疾患によって現れることもありますし、息切れは心疾患や血液疾患によって生じることもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP