Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

胸壁腫瘍

執筆者:

Robert L. Keith

, MD, Division of Pulmonary Sciences and Critical Care Medicine, University of Colorado School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 4月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

胸壁腫瘍は、肋骨やその筋肉、結合組織、神経の腫瘍で、良性のこともあれば悪性のこともあり、肺機能に悪影響を与えることがあります。

胸壁腫瘍には、胸壁に発生する(原発腫瘍と呼ばれる)ものと、体の他の部位のがんが胸壁に広がった(転移した)ものとがあります。胸壁腫瘍のほぼ半数が良性(がんではない腫瘍)です。

最も一般的な良性の胸壁腫瘍は、骨軟骨腫、軟骨腫、線維性骨異形成です。

悪性(がん)の胸壁腫瘍には様々なものがあります。半数以上が遠くの臓器または近くの構造(乳房や肺など)から胸壁に広がったものです。胸壁から生じる最も一般的な悪性腫瘍は肉腫です。

軟骨肉腫は最も一般的な原発性胸壁肉腫で、肋骨の前側のほか、より頻度は下がりますが、胸骨、肩甲骨、または鎖骨からも発生します。骨腫瘍には、骨肉腫や小細胞悪性腫瘍(ユーイング肉腫、アスキン腫瘍など)などがあります。

軟部組織の原発性悪性腫瘍で最も一般的なのは、線維肉腫(デスモイド腫瘍、神経線維肉腫)や悪性線維性組織球腫です。その他の原発腫瘍には、軟骨芽細胞腫、骨芽細胞腫、黒色腫、リンパ腫、横紋筋肉腫、リンパ管肉腫、多発性骨髄腫、形質細胞腫などがあります。

症状

腫瘍が胸壁の軟部組織に発生した場合、胸壁のしこりが唯一の症状であることがあります。発熱を伴うこともあります。腫瘍が進行するまで、通常は痛みを感じません。骨や軟骨に形成される腫瘍はしばしば痛みを伴います。

診断

予後(経過の見通し)

予後はがんの種類、細胞の分化度、病期によって異なります。ただし、まれな腫瘍であるため、一般的な経過についてはよく分かっていません。早期の腫瘍ほど生存率が高くなります。

治療

さらなる情報

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP