Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

気道腫瘍

執筆者:

Robert L. Keith

, MD, Division of Pulmonary Sciences and Critical Care Medicine, University of Colorado School of Medicine

医学的にレビューされた 2020年 7月
プロフェッショナル版を見る

気管内に発生する腫瘍はまれです。このような腫瘍は悪性であることが多く、局所的に進行した(近くの組織またはリンパ節に広がった)段階で発見されます。

最も一般的な悪性気管腫瘍には、扁平上皮がん、腺様嚢胞がん、カルチノイド腫瘍、粘表皮がんなどがあります。

最も一般的な良性の気道腫瘍は扁平上皮乳頭腫ですが、他の良性の腫瘍も発生する可能性があります。

症状

気道腫瘍の症状には以下のものがあります。

  • 息切れ(呼吸困難)

  • せき

  • 喀血

  • 喘鳴またはその他の異常な呼吸音

嚥下困難(ものを飲み込むのが難しくなること)や声がれがみられることもあります。

診断

  • 気管支鏡検査

予後(経過の見通し)

予後はがんの種類によって異なります。頸部や胸部のリンパ節に広がったり、近くの構造内へ増殖したりしているがんは予後が悪い傾向にあります。

治療

  • 手術

  • 放射線療法

  • 閉塞を軽減する処置

手術が不可能な場合は、侵襲性の低い手技を用いて腫瘍の一部を切除することができます。レーザーによる気化、光線力学療法、凍結療法、気管支内の密封小線源治療は、気道をふさぐ腫瘍を除去するための選択肢です。腫瘍が気管を圧迫している場合は、気管にステントを留置して気管の開通を維持するか、放射線療法によって腫瘍を縮小させます。

さらなる情報

患者とその介護者に情報とサポートを提供する英語の資料を以下に示します。こちらの情報源の内容について、MSDマニュアルでは責任を負いません。

  • 米国がん協会(American Cancer Society):予防、検査、治療、がん患者とその介護者向けの情報などあらゆる種類のがんに関する一般的な情報

  • 米国がん協会:肺がん(American Cancer Society: Lung Cancer):肺がんの種類、スクリーニング、治療などに関する、米国がん協会からのより具体的な情報

  • 米国肺協会(American Lung Association):肺がんや禁煙などあらゆる種類の肺の病気に関する一般的な情報

  • 米国肺協会:肺がん(American Lung Association: Lung Cancer):肺がんの診断後に行うべき行動などを含む、米国肺協会からの肺がんに関するより具体的な情報

  • CancerCare(キャンサーケア):カウンセリングや支援団体向けの資料などあらゆる種類のがんに関する一般的な情報

  • CancerCare: Lung Cancer(キャンサーケア:肺がん):支援サービスやその他の情報源へのリンクなど肺がん患者に向けたCancer Careからのより具体的な情報

  • 米国国立がん研究所(National Cancer Institute):最新の研究や臨床試験に関する情報などがんに関する米国政府の資料

  • 米国国立がん研究所:肺がん(National Cancer Institute: Lung Cancer):主に治療法の進歩と最新の研究結果を含む、米国国立がん研究所からの肺がんに関するより具体的な情報

  • 全米がんサバイバーシップ連合(National Coalition for Cancer Survivorship):すべてのがん患者への質の高いケアを訴える団体

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP