Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

酸素療法

執筆者:

Jessica Bon Field

, MD, MS, University of Pittsburgh School of Medicine;


Andrea R. Levine

, MD, University of Maryland School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 12月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

慢性肺疾患では、急性増悪期(悪化時)に酸素療法を短期間必要とするだけの場合があります。(呼吸リハビリテーションの概要も参照のこと。)また、血液中の酸素レベルが常に低いために(嚢胞性線維症またはアルファ1-アンチトリプシン欠乏症の患者など)、酸素療法が毎日必要な場合もあります。このような場合は、酸素吸入を行うことで生存期間が長くなります。1日のうち酸素を使う時間が長いほど、治療成績は良くなります。酸素吸入を12時間行った場合、酸素吸入を行わない場合より生存期間が長くなります。酸素吸入を継続的に(1日に24時間)行った場合は、さらに生存期間が長くなります。酸素吸入を長期間続けることで、息切れが少なくなり、肺疾患による心臓への負担も減ります。睡眠の質と運動能力がいずれも改善に向かいます。

慢性肺疾患患者には、体を動かしたときだけ酸素レベルが低下する人がいます。その場合は、運動中にだけ酸素吸入を行うこともできます。また、睡眠中にだけ酸素レベルが低下する人もいます。その場合は、夜間だけ酸素吸入を行います。

患者の状態が危険になる血液中の酸素レベルの値を一度測定しておけば、パルスオキシメトリーを利用して、1分間に必要な酸素の量を経時的に調節することもできます。パルスオキシメトリーでの測定は痛みを伴わず、簡単な器具を指先または耳に取り付けるだけで血液中の酸素レベルを測定できます。

長期にわたって自宅で酸素を吸入する場合は、次のような3種類の装置を利用できます。

  • 酸素濃縮器

  • 液化酸素装置

  • 高圧酸素装置

酸素濃縮器は、空気中の窒素から酸素を分離して、肺疾患の人が純粋な酸素を吸入できるようにする電動の装置です。この装置は室内の空気から酸素を抽出するので、酸素供給の必要がありません。装置の多くはバッテリーでも作動しますが、電源やバッテリーの故障に備えて、吸入用の酸素を確保しておくべきです。

液化酸素装置には、非常に低温の酸素が液体として貯蔵されています。酸素は放出されるとガスに戻り、吸い込むことができます。

高圧酸素装置では、加圧された酸素が金属タンクに貯蔵され、患者が吸い込むことで酸素が放出されます。

自宅で液化酸素装置と高圧酸素装置を使用する場合、酸素の保存に大きなタンクを用います。タンクは定期的に在宅ケアの業者に補充してもらいます。家の外では、高圧酸素もしくは液体酸素が入った小型の携帯用タンクまたは携帯用酸素濃縮器を使用できます。いずれの装置にも長所と短所があります。

使用しないときは、必ず酸素供給源をしっかり閉じておく必要があります。酸素は燃えやすく、爆発を起こすことがあるため、マッチ、ヒーター、ヘアードライヤーなど、発火する危険性があるものからタンクを離しておくことも大切です。酸素吸入を行っているときは、家の中での喫煙は厳禁です。

酸素投与

酸素の典型的な投与法は、先が2つに分かれた鼻用のチューブ(鼻カニューレ)を用いる方法で、持続的に供給するタイプと必要なときのみ供給できるタイプとがあります。酸素効率を高めるとともに、高用量の酸素補充が必要な患者がより動きやすくなるよう工夫されたいくつかの装置(リザーバー式カニューレ、経気管カテーテルなど)が利用できます。

リザーバー式カニューレを用いると、呼気時に酸素が小さな容器の中に蓄えられ、吸気時にそこから酸素が供給されます。

呼吸同調式デマンドバルブ装置は、使用者が装置を作動させたとき(息を吸ったときまたは装置を押したとき)だけ酸素を供給します。この装置では持続的な酸素の供給はできません。小さなリザーバー付きのものもあります。

経気管カテーテルは、皮膚から直接気管に挿入する細いチューブです。チューブを介して酸素が直接気管内に供給されます。通常は、呼吸療法士または医師が、適切な酸素の使用法について指導します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP