Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

綿肺症

執筆者:

Abigail R. Lara

, MD, University of Colorado

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

綿肺症は、綿、亜麻、または麻の粒子を吸い込むことが原因で気道が狭くなる病気です。

  • 綿肺症になると、喘鳴や胸の圧迫感が生じることがあり、通常は休み明けの勤務初日にみられます。

  • 診断を下すには、1日の労働における肺機能の低下を調べる検査を行います。

  • まず曝露を中止すべきであり、喘鳴や胸の圧迫感は、喘息に使用される薬剤で治療できます。

環境性肺疾患の概要も参照のこと。)

綿肺症は環境性肺疾患であり、米国や英国では、患者は加工前の綿を扱う労働者にほぼ限られています。また、亜麻や麻などを扱う労働者も、綿肺症を発症することがあります。原綿の荷解きをする労働者や、綿を加工する最初の工程で働く労働者が、最も綿肺症になりやすいようです。綿を扱う仕事に短期間従事した人にも綿肺症が発生する可能性がありますが、10年以上の曝露の後で発生することがほとんどです。おそらく、原綿中の細菌が産生する毒素が綿塵に混ざり、感受性の高い人に気道狭窄を引き起こすのではないかと考えられています。

症状

綿肺症になると、喘鳴や胸の圧迫感が生じることがあり、通常は休み明けの勤務初日にみられます。曝露を繰り返すうちに、症状が治まる傾向がみられ、週末までに胸の圧迫感が消える場合もあります。しかし、長年にわたって綿を扱う作業を続けると、胸の圧迫感が休み明けから2~3日間続くことがあり、場合によっては1週間を通して続くことさえあります。長期にわたって綿の粉塵にさらされ続けると、喘鳴や胸の圧迫感などの症状が現れる頻度が増えて、恒久的な肺疾患につながり、身体障害をきたすこともあります。

診断

  • 肺機能検査

診断を下すには、1日の労働における肺機能の低下を調べるための肺機能検査を行います。肺機能の低下は、一般に週の勤務初日に最大になります。

綿肺症を早期に発見するため、医師はテキスタイル産業に従事する人に対し、定期的な肺機能検査を受けるよう勧めています。

予防

綿肺症を予防するには、綿の粉塵対策が最良の方法です。

治療

  • 曝露を避ける

  • 気道を拡げる薬剤

綿肺症の症状がある労働者で、週の勤務初日に肺機能が急激に低下した場合は、曝露環境から離れるべきです。喘鳴や胸の圧迫感は、喘息に使用される薬剤で治療できます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP