Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

環境性肺疾患の概要

執筆者:

Abigail R. Lara

, MD, University of Colorado

医学的にレビューされた 2020年 5月
プロフェッショナル版を見る
やさしくわかる病気事典
本ページのリソース

環境性肺疾患は、有害な粒子、霧、蒸気、ガスなどを吸い込むことによって発生する病気で、通常は作業中に起こります。肺疾患が粒子を吸い込んだことに起因する場合は、塵肺(じんぱい)症という病名がよく用いられます。

吸い込んだ物質が気道や肺の中に達する範囲と引き起こす肺疾患のタイプは、吸い込んだ粒子の大きさや種類によって異なります。粒子が大きければ鼻腔や太い気道にとどまる可能性がありますが、粒子が極めて小さい場合は肺まで達することがあります。肺で溶けて、血液中に吸収される粒子もあります。固形粒子のほとんどは、体の防御機構によって排除されます。

体には、吸い込んだ粒子を除去する機構がいくつか備わっています(呼吸器系の防御機構 呼吸器系の防御機構 平均的な成人は、日中に適度な運動をしている場合、1日に約2万リットルの空気を呼吸します。当然ながら、こうして吸い込んだ空気は重さ20キログラム以上あり、そこには有害な粒子やガスが含まれている可能性があります。粒子としては、ほこりやすす、カビ、真菌、細菌、ウイルスなどがあり、これらが気道や肺胞の内面に付着します。しかし、幸いなことに、呼吸器... さらに読む も参照)。気道は分泌物(粘液)で覆われているため、そこに粒子が取り込まれると、せきとともに吐き出すことができます。さらに、気道の内面を覆っている細胞から気道内腔へ向かって生えている線毛と呼ばれる微細な毛によって、吸い込まれた粒子は上方へ運ばれ、肺の外へ押し出されます。肺にある小さな空気の袋(肺胞)では、特殊な食細胞(マクロファージ)が、ほとんどの粒子を飲み込み、無害化します。

環境性肺疾患のリスク

いろいろな種類の粒子が、体内で様々な反応を起こします。ある種の粒子(例えば、動物のフケ)は、花粉症に似た症状や一種の喘息症状などのアレルギー反応を起こします。別の粒子はアレルギー反応を誘発することによってではなく、気道や肺胞にある細胞に毒性を及ぼすことによって、損傷を与えます。シリカ(石英)の粉塵やアスベストなどの一部の粒子は、肺組織の瘢痕化(肺線維症 特発性間質性肺炎の概要 特発性間質性肺炎は、同じような症状と肺の病変がみられる原因不明の間質性肺疾患の総称です。 この疾患のいくつかのタイプは、ほかのものよりはるかに重篤になります。 診断には、胸部X線検査やCT検査が必要で、通常は肺組織のサンプルの分析(生検)が行われます。 治療法はこの疾患の種類によって異なります。... さらに読む )につながる慢性的な炎症を引き起こすことがあります。アスベストなどの特定の有害な粒子は、肺がんを引き起こしたり(特に喫煙者に多くみられます)、胸郭の内側と肺の表面を包んでいる胸膜にできる中皮腫と呼ばれるがんを(喫煙歴に関係なく)引き起こすことがあります。

どの環境性肺疾患になるかは、その人が置かれる環境によって変わります。

症状

環境性肺疾患の症状には、呼吸困難のほか、ときにせきや胸痛があり、ほかの多くの肺疾患に似た症状が現れます。一部の疾患では(例えば、 炭坑夫塵肺症 炭坑夫塵肺症 炭坑夫塵肺症は、肺の中に石炭の粉塵が蓄積することが原因で起こる肺疾患です。 一般的には症状が現れることはありませんが、重症になると、せきが出て、息切れするようになります。 診断を下す際は、胸部X線検査やCT検査を行います。 予防には、石炭の粉塵にできるだけさらされないようにすることが重要です。... さらに読む )、症状はすぐには現れず、数カ月から数年かけて現れることがあります。刺激物やその他の物質を吸い込むときに肺や気道が狭くなる環境性肺疾患(気道過敏性と呼ばれます)は、突然の呼吸困難、喘鳴などを引き起こし、喘息またはCOPDがある患者ではその病気の発作(増悪)を誘発します。

繰り返す、慢性の症状を伴う環境性肺疾患があると、慢性肺疾患(COPD,または間質性肺疾患など)が生じるリスクが高まり、肺機能が恒久的に低下するおそれがあります。その他の症状や合併症を伴う環境性肺疾患もあります。

診断

  • 肺機能検査

  • 画像検査

環境性肺疾患を特定するには、特有の診断方法が用いられます。評価の最初のステップとして、肺を刺激する物質への曝露を伴いうる職業やその他の活動に従事しているかどうか尋ねられます。ほとんどの場合、 肺機能検査 肺機能検査 肺機能検査では、肺にためることができる空気の量、肺から空気を出し入れする能力、肺に酸素を取り込む能力を測定します。 肺機能検査は、肺疾患の具体的な原因を突き止めるというより、一般的なタイプや重症度を調べるのに適していますが、 喘息や 慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの特定の病気を診断するために使用されることもあります。... さらに読む 肺機能検査 と画像検査(胸部X線検査やCT検査など)が行われます。

予防

職業性および環境性肺疾患を予防するには(特に職場において)、曝露を制限する以下のような措置を講じます。

  • 管理運営的コントロール(例えば、有害な環境にさらされる人数を制限する)

  • 工学的コントロール(例えば、換気システム、囲い込み、安全な浄化法)

  • 製品の変更(例えば、より安全な物質を使用する)

  • 保護具の使用(例えば、レスピレーターマスク、防塵マスクやその他の器具)

  • 教育によるコントロール(例えば、労働者に曝露のリスクと曝露を制限する方法を指導する)

レスピレーターの使用やその他の方法により、ある程度の防護はできますが、完全な防護というものは存在せず、またその方法は人によっても異なります。レスピレーターは、適切にフィットしていることを確認するために1年に1度はチェックする必要があります。また、すべての人が防護策を講じられるわけではありません。例えば、レスピレーターをつけると、心臓または肺の病気がある人は業務の遂行が難しくなります。

肺を傷害しうる物質へさらされる可能性がある人は、できるだけ早く病気を見つけるため、定期的にスクリーニング検査を受けることが勧められます。どのようなスクリーニング検査を受けるべきか、どの程度の頻度で受けるべきかは、さらされる物質によって異なります。スクリーニング検査には、身体診察のほか、 スパイロメーター 肺機能検査 肺機能検査では、肺にためることができる空気の量、肺から空気を出し入れする能力、肺に酸素を取り込む能力を測定します。 肺機能検査は、肺疾患の具体的な原因を突き止めるというより、一般的なタイプや重症度を調べるのに適していますが、 喘息や 慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの特定の病気を診断するために使用されることもあります。... さらに読む 肺機能検査 を用いた呼吸機能の測定や、 血中の酸素レベルの測定 動脈血ガス分析とパルスオキシメトリー 動脈血ガス検査では、動脈血中の酸素と二酸化炭素レベルを測定し、動脈血の酸性度(pH)を判定します。針で動脈から血液を採取する際は、数分の間不快感を伴うかもしれません。通常は、手首の動脈(橈骨動脈)から血液を採取します。肺がどの程度酸素を血液中に取り込めているか、どの程度二酸化炭素を血液中から排出できているかを知るには、酸素レベル、二酸化炭... さらに読む などがあります。胸部X線検査またはCT(コンピュータ断層撮影)検査などの 肺の画像検査 胸部の画像検査 胸部の画像検査には以下があります。 X線検査 CT(コンピュータ断層撮影)検査 MRI(磁気共鳴画像)検査 シンチグラフィー さらに読む も行われることがあります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP