Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

ベリリウム症

(ベリリウム肺)

執筆者:

Abigail R. Lara

, MD, University of Colorado

医学的にレビューされた 2020年 5月
プロフェッショナル版を見る

ベリリウム症は、ベリリウムを含む粉塵や煙霧を吸い込むことによって発生する肺の炎症です。

  • ベリリウム症になると、ほとんどの場合、せき、呼吸困難、疲労、寝汗などの症状が徐々に現れてきます。

  • ベリリウムを扱った経歴、胸部X線検査、CT検査、ベリリウムに対する免疫系の反応などに基づいて、診断が下されます。

  • 治療には、酸素とコルチコステロイドが必要になることがあります。

  • 生涯にわたってコルチコステロイドを服用しなければならない場合もあれば、肺の移植が必要になる場合もあります。

ベリリウムは金属の一種で、多くの産業で少量が使用されています。ベリリウムへの曝露は、ベリリウムの採掘と加工を行う人のほか、多くの産業(例えば、ベリリウム合金の製造、金属合金の機械加工、電子機器、通信、核兵器製造、防衛、航空機、自動車、航空宇宙、金属スクラップ、コンピュータ、電子機器などの産業)においてよくみられますが、病気の原因としてはあまり認識されていないものです。ベリリウムは少量でも毒性があり、多くの銅、アルミニウム、ニッケル、マグネシウム合金に添加されているため、労働者はしばしばベリリウムに曝露していることやそのリスクに気づきません。これらの産業に携わる労働者に加えて、ベリリウム精製所の近隣住民の中にも、ベリリウム症の発症がわずかにみられます。

ベリリウム症は他の 環境性肺疾患 環境性肺疾患の概要 環境性肺疾患は、有害な粒子、霧、蒸気、ガスなどを吸い込むことによって発生する病気で、通常は作業中に起こります。肺疾患が粒子を吸い込んだことに起因する場合は、塵肺(じんぱい)症という病名がよく用いられます。 吸い込んだ物質が気道や肺の中に達する範囲と引き起こす肺疾患のタイプは、吸い込んだ粒子の大きさや種類によって異なります。粒子が大きければ... さらに読む とは異なり、低濃度の曝露では、ベリリウムに対する感受性が高い人にのみ肺疾患が発生するようであり、ベリリウムに接触した人の約2~6%に本症が発生します。感受性が高い人では、ベリリウムの粉塵を吸い込んだ時間が比較的短くても、ベリリウム症を発症する可能性があります。

ベリリウム症には以下のものがあります。

  • 急性

  • 慢性

急性ベリリウム症は現在ではまれです。急性ベリリウム症は、主に肺の炎症として、突然発生します。肺は硬くなり、肺機能は低下します。

症状

急性ベリリウム症では、せき、呼吸困難、体重減少などの症状が突然現れます。また、皮膚(発疹ができます)や眼(充血したり刺激を感じます)にも影響がみられます。

慢性ベリリウム症では、しばしばベリリウムを吸い込んでから10~40年以上経ってから、せき、呼吸困難、体重減少、寝汗、疲労感などが徐々に現れます。早期に発見された場合は、まったく初期症状がないこともあります。

診断

  • ベリリウムへの曝露歴

  • ベリリウムへのアレルギーを調べる血液検査

診断は、患者がベリリウムに曝露した経歴に加えて、ベリリウムリンパ球増殖試験(BeLPT)と呼ばれる血液検査でベリリウムに対するアレルギー反応を調べた結果に基づいて下されます。

病気が比較的進行している場合は、胸部X線検査やCT検査の画像でみられる特徴的な変化が診断に役立ちます。しかし、ベリリウム症患者のX線検査やCT検査の画像は サルコイドーシス サルコイドーシス サルコイドーシスとは、体の多くの器官に炎症細胞の異常な集積(肉芽腫[にくげしゅ])がみられる病気です。 サルコイドーシスは、一般に20~40歳で発生し、スカンジナビア系の人やアフリカ系アメリカ人に最も多くみられます。 多くの器官が侵される可能性がありますが、肺に最もよくみられます。... さらに読む サルコイドーシス と呼ばれる別の疾患 とも類似しています。そのため、診断を確定するには、気管支鏡と呼ばれるチューブを肺の中に挿入して肺の組織片や細胞を採取し、ベリリウムに対するアレルギー反応を調べる必要があります。

予後(経過の見通し)

急性ベリリウム症は重症化する可能性があります。適切な治療を行えば、ほとんどの患者が7~10日間で回復します。しかし、急性ベリリウム症が重症化した場合は、死亡したり、慢性ベリリウム症になったりすることがあります。

予防

ベリリウム症は、ベリリウムへの曝露を厳重に管理することで予防できます。

治療

  • 急性ベリリウム症に対して、呼吸の補助

  • 慢性ベリリウム症に対して、コルチコステロイド

急性ベリリウム症の患者には、必要に応じて酸素が投与されます。呼吸を補助するため人工呼吸器が必要になることもあります。また、コルチコステロイドが投与されます。

慢性ベリリウム症では、経口プレドニゾン(日本ではプレドニゾロン)などのコルチコステロイドが投与されることがあります。一部の患者は生涯にわたってコルチコステロイドを使用する必要があります。慢性ベリリウム症が非常に重症化した場合でも、 肺の移植 肺移植および心肺同時移植 肺移植とは、健康な肺または生きている人から肺の一部を手術で摘出し、肺が機能しなくなった人に移植することです。心肺同時移植とは、死亡した直後の人から心臓と肺の両方を手術で摘出し、心臓と肺が機能しなくなった人に移植することです。 ( 移植の概要および 心臓移植も参照のこと。) 肺移植は肺の機能を失った人に対して実施します。移植を受ける人(レシピエント)は、ほとんどが以下のいずれかの疾患を有しています。... さらに読む により命が助かる可能性があります。その他に、酸素補充、 呼吸リハビリテーション 呼吸リハビリテーションの概要 呼吸リハビリテーションとは、慢性肺疾患のある人の日常生活能力を向上させ、生活の質を高めることを目的として、運動、教育、行動への介入を行うことです。 呼吸リハビリテーションは、慢性的な肺疾患の患者を対象にしたプログラムです。その第一の目標は、自立性と身体機能を最大限に高め、それを維持することです。ほとんどの呼吸リハビリテーションプログラムは... さらに読む 右心不全に対する治療薬 心不全の治療薬 心不全とは、心臓が体の需要を満たせなくなった状態のことで、血流量の減少や静脈または肺での血液の滞留(うっ血)、心臓の機能をさらに弱めたり心臓を硬化させたりする他の変化などを引き起こします。 心不全は心臓の収縮や弛緩が不十分になることで発生しますが、これらの変化は一般的に、心筋が弱ったり硬くなったりすることが原因で起こります。... さらに読む 心不全の治療薬 などの支持療法が必要に応じて行われます。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP