Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

悪性心臓腫瘍

執筆者:

Anupama K. Rao

, MD, Rush University Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

最初から心臓でがんが発生する場合もありますが、他の臓器から心臓に転移してくる場合の方が一般的です。

  • 症状としては、息切れ、失神、発熱、体重減少、心不全、不整脈などがみられます。

  • 心臓腫瘍の診断を確定するには画像検査を行います。

  • 手術は助けになりませんが、化学療法のほか、ときに放射線療法が有用となる場合があります。

最初から心臓で発生するがん(心臓腫瘍の概要も参照)はごくわずかです。心臓で発生する腫瘍は原発性心臓腫瘍と呼ばれます。最も一般的な原発性悪性心臓腫瘍は、結合組織から発生する肉腫です。

ほとんどの悪性心臓腫瘍は、最初に体内の別の部分(通常は肺、乳房、腎臓、血液、または皮膚)で発生した腫瘍が心臓に広がった(転移した)ものです。転移性心臓腫瘍は、原発性心臓腫瘍と比べれば30~40倍多くみられますが、それでもまれな病気です。

肺がんや乳がんなどの胸部のがんは、心臓に直接浸潤して広がり、しばしば心膜内にも広がります。また、がんは血流やリンパ系を介して心筋や心房・心室にも転移します。

症状

悪性心臓腫瘍の症状は、良性心臓腫瘍の症状と基本的に同じで、腫瘍が発生した部位によって異なります。しかし、悪性腫瘍は非常に増殖が速いため、その症状は良性腫瘍の症状よりも急速に悪化する傾向があります。具体的な症状としては、突然発症する心不全(息切れと疲労を引き起こします)、不整脈(動悸、脱力、失神を引き起こします)、心膜(心臓を包んでいる袋状の膜)内への出血および体液貯留(心機能を低下させ、心タンポナーデを引き起こします)などがあります。

転移性心臓腫瘍の症状としては、元からある腫瘍による症状に加えて、他の部位に転移した腫瘍による症状もみられます。例えば、肺がんが心臓に転移した人には、呼吸困難、疲労感、喀血(かっけつ)がみられることがあります。

原発性の悪性心臓腫瘍が他の部位に広がる(転移する)こともあります。腫瘍の転移は、脊椎(痛みを引き起こします)や周辺の組織のほか、肺(呼吸困難や喀血を引き起こします)や脳(錯乱を引き起こします)などの臓器にもみられます。

診断

  • 画像検査

悪性心臓腫瘍の診断に用いられる検査は、良性心臓腫瘍の場合と同じで、具体的には心エコー検査CT検査MRI検査などを行います。

転移性心臓腫瘍については、最初の発生部位がまだ判明していない場合、最初にできた腫瘍を見つけ出すための検査を行います。

治療

  • 症状を改善する治療(対症療法)

  • 放射線療法または化学療法

心膜内の腫瘍によって心臓の周囲に液体が貯留している場合は、その液体を排出する必要があります。

原発性か転移性かにかかわらず、悪性心臓腫瘍はほぼ常に治癒を望めないことから、症状の緩和を目的とする治療を行います。腫瘍の種類に応じて、放射線療法または化学療法、あるいはその両方を行います。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP