Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肺動脈弁逆流症

執筆者:

Guy P. Armstrong

, MD, North Shore Hospital, Auckland

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

肺動脈弁逆流症(肺動脈弁閉鎖不全症とも呼ばれます)は、右心室が弛緩するたびに肺動脈弁で血液が逆向きに流れる(逆流)する病気です。

  • 肺動脈弁逆流症は通常、症状を引き起こしません。

  • 診断は身体所見から下され、心エコー検査によって確定されます。

  • 根本原因となっている病気を治療します。

心臓弁膜症の概要も参照のこと。)

肺動脈弁は、右心室と肺につながる血管(肺動脈)の間の開口部にあります。肺動脈弁は、右心室が収縮し、肺に血液を送り出す際に開きます。肺動脈弁が完全に閉じないと、一部の血液が右心室に逆流します。

肺動脈弁逆流症の最も一般的な原因は、肺の異常に高い血圧です(肺高血圧)。高い圧力によって弁にストレスがかかり、そのために血液の逆流が起きます。それよりはるかにまれな原因としては、弁の感染症(感染性心内膜炎)、肺動脈拡大、弁の先天異常、心臓の異常に対する修復手術などがあります。

肺動脈弁逆流症は通常、症状を引き起こしません。ときに足首のむくみや疲労が起きます。

診断

  • 身体診察

  • 心エコー検査

肺動脈弁逆流症は、ほかの理由で行われた診察中に見つかることがよくあります。聴診では、血液が肺動脈弁を逆流するときに生じる特徴的な心雑音が聞こえます。心エコー検査は、逆流が生じている弁と逆流している血液量を描出できるため、逆流の重症度を評価できます。

治療

  • 原因となっている病気を治療

肺動脈弁逆流症を引き起こしている病気を治療します。治療では、肺高血圧を低下させるためシルデナフィルやボセンタンなどの薬剤を投与することがあります。非常にまれですが、肺動脈弁の置換手術が必要になります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP