Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

三尖弁狭窄症

執筆者:

Guy P. Armstrong

, MD, North Shore Hospital, Auckland

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

三尖弁狭窄症は、三尖弁の開口部が狭くなり、右心房から右心室に向かう血流が遅くなる病気です。

心臓弁膜症の概要も参照のこと。)

三尖弁は右心房と右心室の間の開口部にあります。三尖弁が開くことで右心房から右心室に血液が流れ込み、右心室が収縮して血液を肺に送り出す際には三尖弁は閉じます。弁の弁尖が病気により厚く硬くなると、弁の開口部が狭くなります(狭窄)。ときに、硬くなった弁は完全に閉じることもできないため、三尖弁逆流が起こります。

何年もたつと、狭くなった弁の開口部を通る血流が部分的に遮断されて心房内の血液量が増加し、右心房が大きくなります。同時に、この血液量の増加により、肺を除く全身から心臓へ血液を戻す静脈の血圧が上昇します。一方、右心房から入ってくる血液の量が減少するため、右心室は小さくなります。

三尖弁狭窄症は、ほぼすべての症例がリウマチ熱を原因とするものですが、そのリウマチ熱は、もはや北米や西欧ではまれな病気になっています。まれに右心房の腫瘍や結合組織疾患によって、あるいはさらに希少な場合として、三尖弁の先天異常によって起こることもあります。

症状は通常軽度で、具体的には動悸(異常な心拍を自覚すること)、首に感じる不快な振動、皮膚の冷感、疲労などがみられます。静脈内の血圧の上昇によって肝臓が腫れて大きくなると、腹部に不快感が生じます。

診断

  • 身体診察

  • 心エコー検査

聴診では、三尖弁狭窄症に特有の心雑音が聞こえます。胸部X線検査では右心房の拡大が認められます。

心エコー検査は、狭くなっている弁の開口部と弁を通る血液量を描出できるため、狭窄の重症度を評価できます。心電図検査では、右心房の過剰な使用を示す変化が確認できます。

治療

  • 薬剤(利尿薬など)

  • まれに、手術による修復

低塩食をとることが推奨され、利尿薬およびアルドステロンの作用を阻害する薬剤(静脈内の圧力低下に有用)を投与されます。

外科的修復は、三尖弁狭窄症では外科的修復が必要になるほどの重症例がまれであるため、また狭窄は修復後も再発することが多いため、通常は行われません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP