Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

末梢血管の血管造影検査

執筆者:

Michael J. Shea

, MD, Michigan Medicine at the University of Michigan

最終査読/改訂年月 2017年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

末梢動脈(腕や脚、体幹の動脈―すなわち心臓に血液を供給する動脈以外)の血管造影検査では、首、腕、鼠径部(そけいぶ)、太ももの上部にある動脈の中に、針によって開けた穴から細いカテーテル(柔軟な合成樹脂製の管)を挿入します。針を刺す場所には局所麻酔を行います。挿入したカテーテルを、太い血管を通して検査対象とする血管まで進めます。この検査は病院で行われ、40~60分かかります。冠動脈造影も同様の検査ですが、心臓に血液を送っている動脈までカテーテルを進める点が異なります。

血管造影検査は、動脈の狭窄や閉塞(末梢動脈疾患)、動脈の膨らみ(動脈瘤)、動脈と静脈の間の異常な通路(動静脈瘻[どうじょうみゃくろう])を見つけるために行われます。過去数十年間で、CTMRIの技術を応用した非侵襲的で特殊な血管造影の方法が進歩したため、侵襲的である従来の血管造影検査が用いられることは非常に少なくなりました。

大動脈の血管造影検査(大動脈造影検査)は、大動脈瘤や大動脈解離など、大動脈の異常を検出するために行われます。また、左心室と大動脈の間にある大動脈弁での逆流(大動脈弁逆流)を検出することもできます。

デジタルサブトラクション血管造影検査は、個別の血管に対して行う血管造影検査の前に、動脈の狭窄や閉塞などの異常を検出して画像化するために行われることがあります。しかし、この種の血管造影検査で十分に手術(血管形成術を行うかどうかにかかわらず)の必要性を判断できることは、ほとんどありません。デジタルサブトラクション血管造影検査は、冠動脈に対しては、不要なため行われません。冠動脈の場合、造影剤を冠動脈に直接注入すれば、鮮明な画像が得られます。

デジタルサブトラクション血管造影検査では、造影剤を注射する前と後の動脈を撮影した後、コンピュータで2つの画像を比較して特別な処理を行います。これにより、動脈以外の組織(骨など)が画像から取り除かれます。その結果、動脈がより鮮明に描出され、必要な造影剤がはるかに少量で済むようになり、標準的な血管造影検査より安全に行うことができます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP