Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

心臓と血管の症状の概要

執筆者:

Michael J. Shea

, MD, Michigan Medicine at the University of Michigan;


Andrea D. Thompson

, MD, PhD, Department of Internal Medicine, Division of Cardiovascular Medicine, University of Michigan

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

心臓または血管に生じる病気を心血管疾患といいます。心血管疾患は一般に以下の2つに分けられます。

  • 心疾患:心臓、心臓弁または冠動脈(心筋に血液を供給する血管)に起こる病気

  • 末梢血管疾患:腕、脚、体幹の血管(心臓に血液を供給する血管を除く)に起こる病気

脳に血液を供給する血管の病気は脳血管疾患といい、例えば脳卒中 があります。

単独で心疾患の確実な証拠となる症状はありませんが、特定の症状があれば心疾患の可能性が疑われ、いくつかの症状が同時にみられれば、診断がほぼ確定する場合もあります。医師は病歴を把握するための問診と身体診察によって症状を特定します。多くの場合、診断を確定するために検査を行います。しかし、心疾患では進行するまで何の症状も現れないことがあり、重篤な病気でもそのようなことがあります。(身体活動の制限を参照)。そのため、定期健診や別の理由での医療機関の受診がきっかけになって、こうした無症状の心疾患がみつかることがあります。ときには、たとえ明らかな徴候がなくても、心疾患のスクリーニング検査を行うことがあります。

心疾患の症状には以下のものがあります。

しかし、これらの症状は必ずしも心疾患の存在を意味するわけではありません。例えば、胸の痛みは、心疾患よりも呼吸器系や消化器系の病気でよく起こります。息切れは、多くの場合、呼吸器の病気が原因です。疲労は、多くの病気が原因で起こります。

末梢血管疾患の症状は、異常が起きた血管の位置によって変わってきます。症状には以下のものがあります。

これらの症状は必ずしも血管疾患の存在を意味するわけではありません。例えば、強い痛みを伴う筋肉のけいれんや筋肉の疲労は、筋骨格系の病気や神経系の病気によるものかもしれません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP