Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

非感染性心内膜炎

執筆者:

Guy P. Armstrong

, MD, North Shore Hospital, Auckland

最終査読/改訂年月 2017年 10月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

非感染性心内膜炎は、損傷した心臓弁の表面に細菌を含まない線維性血栓(無菌性疣贅[ゆうぜい])が形成されて起こります。心臓弁の損傷は、先天異常、リウマチ熱 リウマチ熱 リウマチ熱は、関節、心臓、皮膚、神経系に起きる炎症で、のどのレンサ球菌感染症に対して治療を行わなかった場合の合併症が原因です。 リウマチ熱は、治療を行わなかった場合ののどのレンサ球菌感染に対する反応です。 関節痛、発熱、胸痛や動悸、けいれんのような不随意運動、発疹、皮膚の下の小さなこぶ(小結節)などが組み合わさって発症することがあります。 診断は症状に基づいて下されます。 リウマチ熱を予防する最善の方法は、レンサ球菌によるのどの感染症を... さらに読む リウマチ熱 自己免疫疾患 自己免疫疾患 自己免疫疾患とは免疫系が正常に機能しなくなり、体が自分の組織を攻撃してしまう病気です。 自己免疫疾患の原因は不明です。 症状は、自己免疫疾患の種類および体の中で攻撃を受ける部位によって異なります。 自己免疫疾患を調べるために、しばしばいくつかの血液検査が行われます。 治療法は自己免疫疾患の種類によって異なりますが、免疫機能を抑制する薬がしばしば使用されます。 さらに読む (抗体が心臓弁を攻撃する病気)などによって起こります。まれに、心臓にカテーテルを入れたことで、心臓弁が損傷することもあります。以下に該当する人では、非感染性心内膜炎のリスクが高くなっています。

非感染性心内膜炎では、感染性心内膜炎と同様に、心臓弁で血液が逆流したり、心臓弁が十分に開かなくなったりします。血液のいぼ状のかたまり(疣贅)が崩れて小さな欠片になり、血流に乗って別の部位に移動し、動脈に詰まって閉塞を引き起こす(この現象を塞栓といいます)こともあります。ときに閉塞が深刻な結果につながることもあります。脳に向かう動脈が閉塞すれば脳卒中 脳卒中の概要 脳卒中は、脳に向かう動脈が詰まったり破裂したりして、血流の途絶により脳組織の一部が壊死し(脳梗塞)、突然症状が現れる病気です。 脳卒中のほとんどは虚血性(通常は動脈の閉塞によるもの)ですが、出血性(動脈の破裂によるもの)もあります。 一過性脳虚血発作は虚血性脳卒中と似ていますが、虚血性脳卒中と異なり、恒久的な脳損傷が起こらず、症状は1時間... さらに読む が起こり、心臓に向かう動脈が閉塞すれば心臓発作 急性冠症候群(心臓発作、心筋梗塞、不安定狭心症) 急性冠症候群は、冠動脈が突然ふさがる(閉塞)ことによって起こります。閉塞の位置と量に応じて、不安定狭心症か心臓発作(心筋梗塞)が起こります。 急性冠症候群を発症すると、通常は胸部の圧迫感や痛み、息切れ、疲労などが起こります。 急性冠症候群が起きたと思ったら、まず救急車を呼んでから、アスピリンの錠剤を噛み砕いて服用します。 病院では心電図検査と血液中の物質を測定する検査により、急性冠症候群かどうかを診断します。... さらに読む 急性冠症候群(心臓発作、心筋梗塞、不安定狭心症) が起こります。影響を受けやすい臓器として、肺、腎臓、脾臓、脳が挙げられます。皮膚や眼の後部(網膜)の血管で塞栓が起きることもよくあります。

非感染性心内膜炎の症状は、塞栓が起きたときに現れます。現れる症状は、どの部位に感染が起きているかによって異なります。

診断

  • 心エコー検査

  • 血液培養検査

非感染性心内膜炎と感染性心内膜炎を区別するのは困難ですが、治療法が異なるため、この区別は重要です。心エコー検査 心エコー検査とその他の超音波検査 超音波検査では、周波数の高い超音波を内部の構造に当てて跳ね返ってきた反射波を利用して動画を生成します。この検査ではX線を使いません。心臓の超音波検査(心エコー検査)は、優れた画像が得られることに加えて、以下の理由から、心疾患の診断に最もよく用いられる検査法の1つになっています。 非侵襲的である 害がない 比較的安価である 広く利用できる さらに読む 心エコー検査とその他の超音波検査 で心臓弁に疣贅が認められれば、心内膜炎と診断することができますが、疣贅に感染が起きているかどうかは心エコー検査では判断できません。微生物の有無を判定するため、血液培養検査 微生物の培養検査 感染症は、細菌、ウイルス、真菌、寄生虫などの微生物によって引き起こされます。 医師は、患者の症状や身体診察の結果、危険因子に基づいて感染症を疑います。まず、患者がかかっている病気が感染症であり、他の種類の病気ではないことを確認します。例えば、せきが出て、呼吸が苦しいと訴える人は、肺炎(肺の感染症)の可能性があります。また、喘息や心不全(こ... さらに読む が行われます。細菌や他の微生物が血液培養検査で検出されない場合には、非感染性の心内膜炎である可能性が高くなります。非感染性心内膜炎の原因を示す物質を測定する血液検査が必要になる場合があります。

治療

  • 基礎疾患の治療

  • 抗凝固薬

血栓の形成を予防するためにワルファリンやヘパリンなどの抗凝固薬を使用しますが、その有益性はまだ確認されていません。非感染性心内膜炎の発生に寄与することが報告されている基礎疾患は、すべて治療する必要があります。

予後(経過の見通し)は一般に不良ですが、これは心臓の異常のためというよりも、基礎疾患が重篤であることによるものです。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP