Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

脚ブロック

執筆者:

L. Brent Mitchell

, MD, Libin Cardiovascular Institute of Alberta, University of Calgary

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

脚ブロックは、心臓の右脚(うきゃく)または左脚(さきゃく)と呼ばれる部分を通過する電気刺激が部分的または完全に遮断される伝導障害の一種です。

不整脈の概要心ブロックの概要も参照のこと。)

房室結節からの電気刺激を伝導する線維群ヒス束は、左右2つの枝に分かれ、左側の枝(左脚[さきゃく])は電気刺激を左心室へ、右側の枝(右脚[うきゃく])は右心室へ伝導します。左脚または右脚のいずれかで伝導が遮断されます。

左脚はさらに前枝と後枝と呼ばれる2つの枝に分かれています。伝導がこれらの脚のうちのどこかで遮断されていることを、ヘミブロックまたは束枝ブロックと呼びます。

心臓の電気刺激の伝導経路

洞房結節(1)で発生した電気刺激は、右心房と左心房(2)に伝わり、これらを収縮させます。電気刺激は次に房室結節(3)に伝わり、そこでわずかに遅くなります。それから、刺激はヒス束(4)という部分を下に進んで、右心室に向かう右脚(5)と左心室に向かう左脚(5)に分かれて伝わります。こうして電気刺激が心室に広がっていくことで、心室が収縮します。

心臓の電気刺激の伝導経路

通常、脚ブロックでは症状は生じません。右脚ブロックそのものは重篤ではなく、明らかに健康な人でも起こることがあります。しかし、例えば過去の心臓発作などによる心臓の顕著な損傷を右脚ブロックが示唆している場合もあります。

一方、左脚ブロックは重篤となりやすい傾向があります。高齢者に左脚ブロックがみられる場合は、多くは動脈硬化による冠動脈疾患があることを意味します。

脚ブロックは心電図検査で検出することができます。どの種類の脚ブロックでも、特徴的なパターンが認められます。

通常、治療は必要ありません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP