Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

発作性上室頻拍(SVT、PSVT)

執筆者:

L. Brent Mitchell

, MD, Libin Cardiovascular Institute of Alberta, University of Calgary

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

発作性上室頻拍は、心臓内の心室以外の組織から発生する速い(毎分160~220回)規則的な心拍動(頻拍)で、突発的に始まり、治まるのも突然です。

  • 多くの人に不快な動悸や息切れ、胸痛がみられます。

  • 発作は、しばしば迷走神経を刺激して心拍を遅くする方法で治まります。

  • ときに薬を投与して発作を止める場合もあります。

不整脈の概要も参照のこと。)

発作性上室頻拍は若い人によくみられ、危険というよりも、むしろ不快な病気です。激しい運動をしているときに起こることがあります。

発作性上室頻拍は、心臓を速いペースで繰り返し刺激する期外収縮という現象によって誘発されます。この急速な活性化の反復は、いくつかの異常が原因となって起こります。具体的には、房室結節に2つの電気刺激伝導路が存在する異常がみられる場合があります(房室結節リエントリー性上室頻拍と呼ばれる不整脈)。また、心房と心室の間に異常な電気刺激伝導路が存在する場合もあります(房室回帰性上室頻拍と呼ばれる不整脈)。はるかに頻度が低くなりますが、心房から異常に速い電気刺激や旋回性の電気刺激が発生する異常もみられます(真性発作性心房頻拍と呼ばれる不整脈)。

発作性上室頻拍では、速い拍動が突然始まって終わる傾向があり、その持続時間は数分から数時間です。ほぼ常に心拍を自覚する不快な症状として現れ、心臓が強く脈打ったり、速く鼓動するように感じます(動悸)。その他に、脱力感、ふらつき、息切れ、胸痛などの症状がみられます。通常は、心臓にほかの異常はみられません。

診断は心電図検査によって確定します。

治療

  • 心拍を遅くするか正常な心拍リズムを回復させるための手技および薬剤

  • ときに高周波アブレーション

発作性上室頻拍の発作の多くは、迷走神経を刺激して心拍を遅くする手技を行うことで停止させることができます。そのような手技は、医師が行うか医師の監視下で行いますが、不整脈を繰り返し起こす人は自分で習得している場合もあります。手技には以下のものがあります。

  • 排便時のように強くいきむ

  • 耳の下の顎の角ばった部分のすぐ下の頸部をさする(これにより頸動脈上にある頸動脈洞という敏感な部位が刺激される)

  • 氷水を入れた洗面器に顔をつける

これらの手技は、不整脈が始まった直後に行うのが最も効果的です。

これらの手技を行っても効果がない場合、不整脈によって重度の症状が起きている場合、あるいは発作が20分以上続く場合には、発作を停止させるために治療を受けることが勧められます。通常は、アデノシンやベラパミルなどの薬を静脈内注射で投与すれば、発作を速やかに停止させることができます。まれに薬が効かず、カルディオバージョン(心臓に電気ショックを与える処置)が必要になることもあります。

不整脈の予防は治療よりも困難です。発作が頻繁に起こる場合や発作が煩わしい場合には、通常はカテーテルアブレーションが推奨されます。この治療では、心臓内まで挿入した電極付きのカテーテルを介して高周波による焼灼または凍結が行われます。この高周波または凍結によって、発作性上室頻拍の発生源になっている組織を破壊します。

カテーテルアブレーションが選択肢にならない場合は、ほぼすべての抗不整脈薬で効果が得られる可能性があります。一般的に使用されている薬はベータ遮断薬、ジゴキシン、ジルチアゼム、ベラパミル、プロパフェノン、フレカイニドなどです( 不整脈の治療に用いられる主な薬剤)。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP