Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

洞不全症候群

執筆者:

L. Brent Mitchell

, MD, Libin Cardiovascular Institute of Alberta, University of Calgary

最終査読/改訂年月 2017年 11月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

洞不全症候群は、心臓のペースメーカー部分に異常が生じることで心拍数が低下する病気です。

  • 症状はみられない場合もあれば、脱力感や疲労、動悸がみられる場合もあります。

  • 診断は心電図検査によって下されます。

  • 通常は恒久的なペースメーカーが必要になります。

心臓のペースメーカー部分(洞結節ないし洞房結節)が機能不全に陥ると、心拍が持続的に遅くなる場合(洞徐脈)や、正常な洞結節の活動が完全に停止する(洞停止— 心臓の電気刺激の伝導経路 心臓の電気刺激の伝導経路 心臓の電気刺激の伝導経路 )場合があります。洞結節の活動が停止すると、通常は心臓の別の部分が洞結節の機能を引き継ぎます。その部位は、心房内の下方、房室結節の内部、電気刺激伝導系の内部、あるいは心室内に存在します。

洞不全症候群の主要な病型の1つに徐脈頻脈症候群があり、心拍リズムが遅くなる徐脈の期間と、心房細動や心房粗動など心房由来の頻拍性不整脈がみられる期間が交互にみられます。

洞不全症候群は主に高齢者で起こり、特に他の心疾患や 糖尿病 糖尿病 糖尿病は体が必要とするインスリンを十分に産生しないため、血糖(ブドウ糖)値が異常に高くなる病気です。 排尿が増加し、のどが渇き、減量しようとしていないのに体重が減少します。 神経を損傷し、知覚に問題が生じます。 血管を損傷し、心臓発作、脳卒中、慢性腎臓病、視力障害のリスクが高まります。... さらに読む のある人でよくみられます。最も一般的な原因は、洞結節での瘢痕組織の形成(線維化)です。その他の原因としては、薬(ベータ遮断薬、その他の抗不整脈薬)、迷走神経からの過剰な刺激による心拍の抑制(トレーニングを積んだ運動選手でみられる)、血流を抑制する病気( 冠動脈疾患 冠動脈疾患(CAD)の概要 冠動脈疾患とは、心臓の筋肉(心筋)への血液供給が部分的または完全に遮断されることで起きる病気です。 心筋は酸素を豊富に含んだ血液を絶えず必要とします。その血液を心臓に送る血管は、大動脈が心臓から出たところで枝分かれする冠動脈です。この血管が狭くなる冠動脈疾患では、血流が遮断されて、胸痛(狭心症)や心臓発作(心筋梗塞とも呼ばれる)が発生しま... さらに読む 冠動脈疾患(CAD)の概要 )や炎症を引き起こす病気( リウマチ熱 リウマチ熱 リウマチ熱は、関節、心臓、皮膚、神経系に起きる炎症で、のどのレンサ球菌感染症に対して治療を行わなかった場合の合併症が原因です。 リウマチ熱は、治療を行わなかった場合ののどのレンサ球菌感染に対する反応です。 関節痛、発熱、胸痛や動悸、けいれんのような不随意運動、発疹、皮膚の下の小さなこぶ(小結節)などが組み合わさって発症することがあります。 診断は症状に基づいて下されます。 リウマチ熱を予防する最善の方法は、レンサ球菌によるのどの感染症を... さらに読む リウマチ熱 または 心筋炎 心筋炎 心筋炎とは、心臓の筋肉組織(心筋)に炎症が起きた状態であり、組織の壊死につながります。 心筋炎は、感染症、心臓に影響を与える毒素や薬剤、サルコイドーシスといった全身性疾患など、様々な病気によって引き起こされる可能性がありますが、原因が分からないこともよくあります。 症状は様々ですが、疲労、息切れ、腫れ(浮腫)、心拍の自覚(動悸)、突然死などがみられます。 診断は、心電図検査、心筋バイオマーカーの測定、心臓の画像検査、および心筋生検の結果... さらに読む [心筋の炎症])などがあります。

症状

多くの種類の洞不全症候群では、症状がみられません。持続性の徐脈では、脱力感と疲労がよくみられます。心拍が非常に遅くなると、失神することがあります。

診断

治療

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP