Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

房室ブロック

執筆者:

L. Brent Mitchell

, MD, Libin Cardiovascular Institute of Alberta, University of Calgary

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

房室ブロックは、電気刺激が房室伝導系を通る際に伝導に遅れが生じる状態です。

不整脈の概要心ブロックの概要も参照のこと。)

房室ブロックは以下のように分類されます。

  • 第1度:心室への電気刺激の伝導が遅延する

  • 第2度:刺激伝導が断続的に遮断される

  • 第3度(完全):刺激伝導が完全に遮断される

ほとんどの種類の房室ブロックは、高齢者に多くみられます。最も一般的な原因は以下のものです。

  • 心臓の刺激伝導系に形成された線維化組織

その他の原因としては以下のものがあります。

  • 迷走神経が過剰に活性化することによる房室結節を通過する電気刺激の伝導の遅れ

  • 心臓弁膜症

  • 先天性心疾患

房室ブロックは薬剤、特に房室結節を通過する電気刺激の伝導を遅くする薬(ベータ遮断薬、ジルチアゼム、ベラパミル、ジゴキシン、アミオダロン)、リウマチ性心疾患、心臓に影響を及ぼすサルコイドーシスなどによって生じることもあります。

心臓の電気刺激の伝導経路

洞房結節(1)で発生した電気刺激は、右心房と左心房(2)に伝わり、これらを収縮させます。電気刺激は次に房室結節(3)に伝わり、そこでわずかに遅くなります。それから、刺激はヒス束(4)という部分を下に進んで、右心室に向かう右脚(5)と左心室に向かう左脚(5)に分かれて伝わります。こうして電気刺激が心室に広がっていくことで、心室が収縮します。

心臓の電気刺激の伝導経路

第1度房室ブロック

第1度房室ブロックでは、心房からの電気刺激はすべて心室に届きますが、そのどれもが房室結節を通過する際に一瞬だけ遅くなります。第1度房室ブロックは、トレーニングを積んだ運動選手、10代の若者、若い成人、迷走神経の働きが活発な人によくみられます。この病気で症状が生じることはまれです。

心電図:波形の読み方

心電図には、1回の拍動中に心臓内を伝わる電気刺激が波形として描き出されます。心電図上の電流波形はいくつかの部分に分けられ、それぞれの部分にはアルファベットの名前が付けられています。

1回の拍動は、心臓のペースメーカー部分(洞結節ないし洞房結節)から電気刺激が発生することで始まります。この電気刺激が心臓の上側にある2つの部屋(心房)を興奮させます。P波は、この心房の興奮を表した波形です。

次に、電気刺激は心臓の下側にある2つの部屋(心室)へと伝わります。QRS波は、この心室の興奮を表した波形です。

その後、電気刺激は心室の周りを逆方向に広がっていきます。この電気的活動は再分極波と呼ばれ、心電図上ではT波で表されます。

心電図でよくみられる異常には多くの種類があります。例えば、過去の心臓発作(心筋梗塞)、心拍リズムの異常(不整脈)、心臓への血液と酸素の供給不足(虚血)、心筋の壁の肥厚(心肥大)などがあります。

心電図上で認められる特定の異常から、心臓の壁が弱くなった部分にこぶ状の突出(心房瘤または心室瘤)ができた可能性が疑われることもあります。心房瘤や心室瘤は、心臓発作が原因で発生する可能性があります。心拍リズムに異常(速すぎる、遅すぎる、不規則)がみられる場合には、その異常なリズムがどこから始まっているのかも心電図から判断できることがあります。そのような情報は、医師が原因を特定する手がかりになります。

心電図:波形の読み方

第1度房室ブロック

第1度房室ブロックでは、心房(P)と心室(QRS)の間の伝導が遅くなりますが、心拍が飛ぶことはありません。

第1度房室ブロック

第2度房室ブロック

第2度房室ブロックでは、一部の電気刺激だけが心室に到達します。心拍は遅いか、不規則か、あるいはその両方となります。一部の形態の第2度房室ブロックは、第3度房室ブロックに進行することがあります。

第3度房室ブロック

第3度房室ブロックでは、心房からの電気刺激が心室にまったく届かず、心室の拍動は房室結節、ヒス束、心室自体のいずれかによってコントロールされます。このような代償的なペースメーカー部分による電気刺激は、心臓の正常なペースメーカー部分(洞結節ないし洞房結節)による電気刺激と比べて遅く、不規則になることが多く、安定しません。そのため、心室の拍動数は毎分50回未満となり、ときには毎分30回まで減少することもあります。第3度房室ブロックは、心臓のポンプ機能を損なう重篤な不整脈です。疲労、めまい、失神がよくみられます。心室の拍動数が毎分40回以上になると、症状は軽減します。

第3度房室ブロック

第3度房室ブロックでは、心房(P)と心室(QRS)が互いに独立して拍動します。

第3度房室ブロック

診断

  • 心電図検査

房室ブロックの検出には心電図検査が用いられます。いずれの程度のブロックでも、特徴的なパターンが認められます。第1度房室ブロックは心電図検査でのみ検出でき、伝導の遅延が認められます。

治療

  • ときにペースメーカーの埋め込み

第1度房室ブロックでは、一般に治療は必要になりません。

第2度房室ブロックでは、ペースメーカーが必要になる場合があります。第3度房室ブロックでは、ほぼすべての人がペースメーカーを必要とします。

緊急時には、恒久的なペースメーカーを体内に埋め込むまで、一時的なペースメーカーを使用することもあります。ほとんどの人で生涯にわたりペースメーカー( 正常な心拍を保つ:ペースメーカー)が必要になりますが、例えば、房室ブロックの原因になった薬の中止後や心臓発作からの回復後など、房室ブロックの原因が取り除かれれば、心拍リズムが正常に戻る場合もあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP