Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

心室期外収縮

(心室異所性拍動、心室早期収縮)

執筆者:

L. Brent Mitchell

, MD, Libin Cardiovascular Institute of Alberta, University of Calgary

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

心室期外収縮とは、心室(心臓の下側にある2つの部屋)で発生した異常な電気刺激によって、正常な拍動が起こる前に心室が活性化され、それにより余分な拍動が生じる病態です。

  • 主な症状として、脈の飛びが感じられます。

  • 診断は心電図検査によって下されます。

  • ストレス、カフェイン摂取、飲酒など、余分な拍動を誘発する要因を回避することで、十分に治療できます。

不整脈の概要も参照のこと。)

心室期外収縮は、一般的によく発生し、特に高齢者に多くみられます。この不整脈は、身体的または精神的ストレス、飲食によるカフェイン摂取、飲酒、心臓を刺激する成分( プソイドエフェドリンなど)を含むかぜ薬や花粉症治療薬の服用によって発生します。その他の原因としては、冠動脈疾患(特に心臓発作の発生時やその直後)、心不全心臓弁膜症などの心室の増大をもたらす病気などがあります。

症状

単発性の心室期外収縮は、極めて頻繁に起こらないかぎり、心臓のポンプ機能にほとんど影響を及ぼさず、通常は症状を引き起こしません。主な症状は、強い心拍や脈の飛びを感じること(動悸)です。心疾患がない人では、心室期外収縮は危険ではありません。しかし、心臓弁膜症や心臓発作など、心臓に構造的な病気がある人で心室期外収縮が頻繁に起きると、心室頻拍心室細動などの危険な不整脈が続いて発生することがあり、それにより突然死に至る可能性もあります。

診断

  • 心電図検査

心室期外収縮の診断には心電図検査が用いられます。

治療

  • 生活習慣の改善

  • ときにベータ遮断薬

心室期外収縮があること以外は健康な人の場合、ストレスを減らす、カフェイン摂取と飲酒を控える、心臓を刺激する成分を含む市販のかぜ薬や花粉症治療薬を服用しないようにすれば、特に治療は必要ありません。

薬による治療は、通常は有益性よりも薬剤による副作用のリスクの方が大きくなるため、まれにしか行われません。例外は、最近心臓発作を起こした人と、症状を伴う心不全のある人です。そのような場合は、ベータ遮断薬による治療で生存期間が長くなります( 不整脈の治療に用いられる主な薬剤)。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP