Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

心ブロックの概要

執筆者:

L. Brent Mitchell

, MD, Libin Cardiovascular Institute of Alberta, University of Calgary

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

心ブロックは、心房と心室の間にある房室結節、ヒス束、左脚(さきゃく)または右脚(うきゃく)と呼ばれる部分を電気刺激が流れる際に、その伝導に遅れが生じる状態です。

  • 心ブロックには症状がみられない種類もありますが、疲労、めまい、ふらつき、失神などを引き起こすものもあります。

  • 心ブロックの検出には心電図検査が用いられます。

  • ペースメーカーが必要になる場合があります。

不整脈の概要も参照のこと。)

心ブロックは以下のように分類することができます。

通常、ブロックが不完全なものであれば(第1度房室ブロックなど)、どの種類でも治療は必要ありません。しかし、完全な心ブロックのリスクが高い場合(特定の種類の第2度房室ブロック第3度房室ブロックがみられる場合など)には、完全な心ブロックが起きても心拍を維持できるようにするため、ペースメーカー( 正常な心拍を保つ:ペースメーカー)を体内に埋め込むことがあります。

心臓の電気刺激の伝導経路

洞房結節(1)で発生した電気刺激は、右心房と左心房(2)に伝わり、これらを収縮させます。電気刺激は次に房室結節(3)に伝わり、そこでわずかに遅くなります。それから、刺激はヒス束(4)という部分を下に進んで、右心室に向かう右脚(5)と左心室に向かう左脚(5)に分かれて伝わります。こうして電気刺激が心室に広がっていくことで、心室が収縮します。

心臓の電気刺激の伝導経路
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP