Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

心ブロックの概要

執筆者:

L. Brent Mitchell

, MD, Libin Cardiovascular Institute of Alberta, University of Calgary

医学的にレビューされた 2019年 7月
プロフェッショナル版を見る
やさしくわかる病気事典
本ページのリソース

心ブロックは、心房と心室の間にある房室結節、ヒス束、左脚(さきゃく)または右脚(うきゃく)などの心臓の刺激伝導系を電気刺激が流れる際に、その伝導に遅れが生じる状態です。

  • 心ブロックには症状がみられない種類もありますが、疲労、めまい、ふらつき、失神などを引き起こすものもあります。

  • 心ブロックの検出には心電図検査が用いられます。

  • ペースメーカーが必要になる場合があります。

正常な刺激伝導路

心臓の筋線維の収縮は電気刺激によって制御されており、その電気刺激は、心臓内の決まった経路に沿って調節された速さで正確に伝わります。電気刺激は、右心房(心臓の右上にある心腔)の先端にあって心臓のペースメーカーとして機能している洞房結節(ないし洞結節)という部分から始まります。洞房結節から電気刺激が発生する頻度が心拍のペース(心拍数)を決定します。その頻度は、神経からの信号や血液中の特定のホルモンの濃度に影響されます。

心臓の洞房結節からの電気刺激は、まず右心房に、次いで左心房に伝わって、それぞれ心房の筋肉の壁を収縮させ、それにより血液が心房からその下にある心腔(心室)に送り込まれます。続いて、電気刺激は左右の心房を隔てる壁の下方の心室近くにある房室結節に伝わります。房室結節は心房から心室に電気刺激を伝達する唯一の経路になっています。これ以外の経路では、心房は電気を通さない組織によって心室から絶縁されています。この房室結節では電気刺激の伝導が遅くなりますが、その間に心房が完全に収縮できるため、心室に可能なかぎり多量の血液を送り込むことができ、心室が血液で満たされたら、心室に収縮の信号が伝わります。

房室結節を通過した電気刺激は、ヒス束という線維の束に伝わりますが、その線維の束は左心室に向かう左脚と右心室に向かう右脚に分かれます。電気刺激は続いて、心室内部の表面全体を覆うように下方から上方へと規則正しく広がり、それにより心室が収縮して、心臓から血液が送り出されます。

心臓の電気刺激の伝導経路

洞房結節(1)で発生した電気刺激は、右心房と左心房(2)に伝わり、これらを収縮させます。電気刺激は次に房室結節(3)に伝わり、そこでわずかに遅くなります。それから、刺激はヒス束(4)という部分を下に進んで、右心室に向かう右脚(5)と左心室に向かう左脚(5)に分かれて伝わります。こうして電気刺激が心室に広がっていくことで、心室が収縮します。

心臓しんぞうの電気でんき経路けいろをたどる

心ブロック

心ブロックは以下のように分類することができます。

通常、ブロックが不完全なものであれば(第1度房室ブロック 第1度房室ブロック 房室ブロックは、電気刺激が房室伝導系を通る際に伝導に遅れが生じる状態です。 ( 不整脈の概要と 心ブロックの概要も参照のこと。) 房室ブロックは以下のように分類されます。 第1度:心室への電気刺激の伝導が遅延する 第2度:刺激伝導が断続的に遮断される さらに読む など)、どの種類でも治療は必要ありません。しかし、完全な心ブロックのリスクが高い場合(特定の種類の 第2度房室ブロック 第2度房室ブロック 房室ブロックは、電気刺激が房室伝導系を通る際に伝導に遅れが生じる状態です。 ( 不整脈の概要と 心ブロックの概要も参照のこと。) 房室ブロックは以下のように分類されます。 第1度:心室への電気刺激の伝導が遅延する 第2度:刺激伝導が断続的に遮断される さらに読む 第3度房室ブロック 第3度房室ブロック 房室ブロックは、電気刺激が房室伝導系を通る際に伝導に遅れが生じる状態です。 ( 不整脈の概要と 心ブロックの概要も参照のこと。) 房室ブロックは以下のように分類されます。 第1度:心室への電気刺激の伝導が遅延する 第2度:刺激伝導が断続的に遮断される さらに読む がみられる場合など)には、完全な心ブロックが起きても心拍を維持できるようにするため、 ペースメーカー を体内に埋め込むことがあります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP