Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

良性高血圧性細動脈腎硬化症

執筆者:

Zhiwei Zhang

, MD, Loma Linda University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 5月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

良性高血圧性細動脈腎硬化症は、コントロール不良の高血圧が長期間続くことが原因で腎臓に進行性の損傷が起きる病気です。

  • 慢性腎臓病の症状として、食欲不振、吐き気、嘔吐、かゆみ、混乱などがみられます。

  • また、高血圧による他の臓器の損傷に関連した症状がみられる場合もあります。

  • 診断は、高血圧の病歴と超音波検査および血液検査の結果に基づいて下されます。

  • 治療法は厳格な血圧コントロールです。

良性高血圧性細動脈腎硬化症は、長期にわたる(慢性)高血圧が、腎臓の小血管、糸球体、尿細管、間質組織などの組織を損傷することで起こります。その結果、進行性慢性腎臓病へと進展します。慢性高血圧 高血圧 高血圧とは、動脈内の圧力が恒常的に高くなった状態のことです。 高血圧の原因は不明のことも多いですが、腎臓の基礎疾患や内分泌疾患によって起こる場合もあります。 肥満、体を動かさない生活習慣、ストレス、喫煙、過度の飲酒、食事での過剰な塩分摂取などはすべて、遺伝的に高血圧になりやすい人の高血圧の発症に何らかの形で関与しています。... さらに読む は、心臓にも損傷を与えることで、心不全 心不全 心不全とは、心臓が体の需要を満たせなくなった状態のことで、血流量の減少や静脈または肺での血液の滞留(うっ血)、心臓の機能をさらに弱めたり心臓を硬化させたりする他の変化などを引き起こします。 心不全は心臓の収縮や弛緩が不十分になることで発生しますが、これらの変化は一般的に、心筋が弱ったり硬くなったりすることが原因で起こります。... さらに読む 心不全 を引き起こす可能性があります。高血圧により、心臓発作 急性冠症候群(心臓発作、心筋梗塞、不安定狭心症) 急性冠症候群は、冠動脈が突然ふさがる(閉塞)ことによって起こります。閉塞の位置と量に応じて、不安定狭心症か心臓発作(心筋梗塞)が起こります。 急性冠症候群を発症すると、通常は胸部の圧迫感や痛み、息切れ、疲労などが起こります。 急性冠症候群が起きたと思ったら、まず救急車を呼んでから、アスピリンの錠剤を噛み砕いて服用します。 病院では心電図検査と血液中の物質を測定する検査により、急性冠症候群かどうかを診断します。... さらに読む 急性冠症候群(心臓発作、心筋梗塞、不安定狭心症) および脳卒中 脳卒中の概要 脳卒中は、脳に向かう動脈が詰まったり破裂したりして、血流の途絶により脳組織の一部が壊死し(脳梗塞)、突然症状が現れる病気です。 脳卒中のほとんどは虚血性(通常は動脈の閉塞によるもの)ですが、出血性(動脈の破裂によるもの)もあります。 一過性脳虚血発作は虚血性脳卒中と似ていますが、虚血性脳卒中と異なり、恒久的な脳損傷が起こらず、症状は1時間... さらに読む のリスクも増大します。

危険因子には、高齢、中等度から重度のコントロール不良の高血圧、その他の腎疾患(糖尿病性腎症 糖尿病の合併症 糖尿病では、体の様々な部位に重篤で長期に及ぶ多くの合併症がみられます。 (糖尿病も参照のこと。) 糖尿病には、以下の2つの種類があります。 1型 2型 さらに読む 糖尿病の合併症 など)などがあります。黒人ではリスクが高くなっていますが、その原因が、黒人でコントロール不良の高血圧がより多くみられることにあるのか、あるいは、黒人が遺伝的に高血圧による腎障害の影響を受けやすいことにあるのかは、分かっていません。

症状

慢性腎臓病の症状として、食欲不振、吐き気、嘔吐、かゆみ、眠気または混乱、体重減少、口の中の不快な味などが起こることがあります。

診断

  • 通常の血液検査

  • 他の臓器の損傷や腎障害の他の原因を検出するためのその他の検査

高血圧がある人が受けた一般的な血液検査で腎機能の悪化が認められた場合に、この病気が疑われることがあります。身体診察や検査の結果から高血圧に起因する臓器損傷の所見が認められれば、この病気の診断が下されます。そのような所見としては、検眼鏡で観察される網膜の変化や、心電図 心電図検査 心電図検査は心臓の電気刺激を増幅して記録する検査法で、手早く簡単に行える痛みのない方法です。心電図による記録では、毎回拍動を誘発する心臓の生体ペースメーカー部(洞房結節、洞結節)、心臓の神経伝導経路、心拍数や心拍リズムについての情報が得られます。心電図では、心臓が拡大していること(通常の原因は高血圧)や、心臓に血液を供給する冠動脈の1つが閉塞しているために心臓に十分な酸素が行き届いていないことが示されることがあります。... さらに読む 心電図検査 または心エコー検査 心エコー検査とその他の超音波検査 超音波検査では、周波数の高い超音波を内部の構造に当てて跳ね返ってきた反射波を利用して動画を生成します。この検査ではX線を使いません。心臓の超音波検査(心エコー検査)は、優れた画像が得られることに加えて、以下の理由から、心疾患の診断に最もよく用いられる検査法の1つになっています。 非侵襲的である 害がない 比較的安価である 広く利用できる さらに読む 心エコー検査とその他の超音波検査 で検出された心臓の異常を示す証拠などがあります。

腎疾患の原因となりうる他の病気を検出するために、尿検査を実施する必要があります。

治療

  • 血圧のコントロール

治療としては厳格な血圧コントロールを行います。ほとんどの場合、アンジオテンシンII受容体拮抗薬またはアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬などの薬剤を併用し、ときにカルシウム拮抗薬、サイアザイド系利尿薬、ベータ遮断薬などの薬剤を追加して服用する必要があります。体重の減量、運動、塩分と水分の摂取制限も、血圧のコントロールに有用です。慢性腎臓病 慢性腎臓病(CKD) 慢性腎臓病では、血液をろ過して老廃物を除去する腎臓の能力が、数カ月から数年かけて徐々に低下します。 主な原因は糖尿病と高血圧です。 血液の酸性度が高くなり、貧血が起き、神経が傷つき、骨の組織が劣化し、動脈硬化のリスクが高くなります。 症状としては、夜間の排尿、疲労、吐き気、かゆみ、筋肉のひきつりやけいれん、感覚の消失、錯乱、呼吸困難、皮膚の黄褐色への変色などがあります。 診断は、血液検査と尿の検査の結果により下されます。 さらに読む は、水分と塩分の摂取制限のほか、ときに透析 透析 透析とは、体内の老廃物や過剰な水分を機械的に取り除く処置のことで、腎臓が十分な機能を果たさなくなったときに必要になります。 透析が必要になる理由はいくつかありますが、最も多いのは、腎臓が血液から老廃物を十分にろ過できなくなること(腎不全)です。腎臓の機能は急速に低下することもあれば(急性腎障害または急性腎不全と呼ばれます)、老廃物をろ過す... さらに読む 透析 よって管理する必要があります。

予後(経過の見通し)は通常、血圧がどれだけ良好にコントロールされているかと、腎損傷の程度によって変わってきます。腎損傷は通常ゆっくりと進行します。5~10年後に顕著な腎機能障害が発生する人の割合は1~2%のみです。

さらなる情報

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP