Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

腎臓の血管の病気の概要

執筆者:

Zhiwei Zhang

, MD, Loma Linda University School of Medicine

医学的にレビューされた 2020年 1月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

腎臓が正常に機能するには、腎臓への血流が正常なレベルで維持される必要があります。血流が途絶えたり減少したりすると、腎臓の組織に損傷が生じたり、機能不全に陥ったり、また長時間に及ぶ場合は血圧が上昇したりします(高血圧 高血圧 高血圧とは、動脈内の圧力が恒常的に高くなった状態のことです。 高血圧の原因は不明のことも多いですが、腎臓の基礎疾患や内分泌疾患によって起こる場合もあります。 肥満、体を動かさない生活習慣、ストレス、喫煙、過度の飲酒、食事での過剰な塩分摂取などはすべて、遺伝的に高血圧になりやすい人の高血圧の発症に何らかの形で関与しています。... さらに読む 高血圧 )。腎臓に血液を供給している動脈の血流が完全に遮断されると、腎臓の全体や、その血管から血液供給を受けていた部分が壊死してしまいます(腎梗塞)。腎梗塞が起きると、腎臓での老廃物の処理と排泄ができなくなる可能性があります(腎不全 腎不全の概要 腎不全とは、血液をろ過して老廃物を取り除く腎臓の機能が十分に働かなくなった状態のことです。 腎不全の原因としては、様々なものが考えられます。腎機能が急激に低下する場合( 急性腎障害、急性腎不全とも呼ばれます)もあれば、ゆっくりと低下していく場合( 慢性腎臓病、慢性腎不全とも呼ばれます)もあります。腎不全になると、腎臓は血液をろ過して老廃物... さらに読む )。

腎臓への血液供給

腎臓への血液供給

腎臓の血管の病気の原因としては、 腎動脈 腎動脈の閉塞 左右の腎臓に血液を供給している動脈やその分枝は、徐々に狭くなったり(狭窄)、突然詰まったり(閉塞)することがあります。 結果として腎不全や高血圧になる可能性があります。 狭窄や閉塞は画像検査で確認することができます。 閉塞を解除する処置や狭くなった動脈を拡張する処置が有効となる場合があります。... さらに読む または 腎静脈の閉塞 腎静脈血栓症 腎静脈血栓症とは、血栓によって腎静脈(腎臓を出た血液が通過する血管)が詰まってしまう病気です。 血栓により腎臓が損傷を受ける可能性があります。 血栓が急激に発生する場合を除けば、症状はごく軽微なものとなります。 診断は、MRアンギオグラフィー検査、ドプラ超音波検査、またはCT血管造影検査の結果に基づいて下されます。... さらに読む 、血管の炎症(血管炎 血管炎の概要 血管炎疾患は、血管の炎症(血管炎)を原因とする病気です。 血管炎は、特定の感染症や薬によって引き起こされる場合もあれば、原因不明の場合もあります。 発熱や疲労などの全身症状がみられることがあり、その後、侵された臓器に応じて他の症状がみられます。 診断を確定するために、患部の臓器の組織から採取したサンプルの生検を行い、血管の炎症を確認します... さらに読む 血管炎の概要 )、腎臓または血管の損傷、その他の病気など、いくつかのものが考えられます。例えば、 全身性強皮症(強皮症) 全身性強皮症 全身性強皮症は、皮膚、関節、内臓の変性変化と瘢痕化、および血管の異常を特徴とする、まれな慢性 自己免疫リウマチ疾患です。 全身性強皮症の原因は不明です。 指が腫れる、間欠的に指が冷たくなり青く変色する、関節が永続的に(通常は曲がった状態で)固まる(拘縮)などの症状のほか、消化器系、肺、心臓、腎臓の損傷が発生することがあります。... さらに読む 全身性強皮症 や鎌状赤血球貧血では、腎臓にも障害が発生する場合があり、ときに 慢性腎臓病 慢性腎臓病 慢性腎臓病では、血液をろ過して老廃物を除去する腎臓の能力が、数カ月から数年かけて徐々に低下します。 主な原因は糖尿病と高血圧です。 血液の酸性度が高くなり、貧血が起き、神経が傷つき、骨の組織が劣化し、動脈硬化のリスクが高くなります。 症状としては、夜間の排尿、疲労、吐き気、かゆみ、筋肉のひきつりやけいれん、食欲不振、錯乱、呼吸困難、体のむ... さらに読む に至ることもあります。腎臓が侵された全身性強皮症では、 高血圧緊急症 高血圧の分類 高血圧の分類 (悪性高血圧)が生じる可能性もあります。腎臓の血管の病気は、以下のトピックに分けられます。

さらなる情報

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP