Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

腎皮質壊死

執筆者:

Zhiwei Zhang

, MD, Loma Linda University

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

腎皮質壊死とは、腎臓を構成する外側の部分(腎皮質)に血液を供給している細い動脈が閉塞することによって、腎皮質の組織が壊死に陥り、結果的に急性腎障害が引き起こされる病気です。

  • その原因は通常、血圧の低下を招く極めて重篤な病気です。

  • 症状としては、尿の色が濃くなる、尿量の減少、発熱、体の側面の痛みなどがみられます。

  • 診断を確定するために画像検査や組織検査(生検)が行われることがあります。

腎臓の血管の病気の概要も参照のこと。)

腎皮質壊死はあらゆる年齢で発生しますが、全体の約10%は乳児や小児で起きています。

新生児の場合、半数以上が胎盤早期剥離という異常を伴った分娩後に発生します。次に多い原因は血液の細菌感染症(敗血症)です。

小児の場合は、重度の感染症、重度の脱水ショック、または溶血性尿毒症症候群( 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)と溶血性尿毒症症候群(HUS))に続いて腎皮質壊死が発生することがあります。

女性の場合は、妊娠の合併症に続いて発生するものが約半数を占め、具体的には胎盤早期剥離、胎盤位置異常、子宮からの出血、出産直後の感染症、羊水による動脈の閉塞、子宮内での胎児の死亡、妊娠高血圧腎症などに続いて発生しています。

成人の他の原因としては、重度の感染症、けがをした後の失血、移植された腎臓への拒絶反応、熱傷、膵臓の炎症(膵炎)、ヘビによる咬傷、特定の薬剤の使用、特定の化学物質による中毒などが挙げられます。

症状

尿中に血液が混入することから、しばしば尿が赤色ないし暗褐色に変色することがあります。また、腰の両側に沿うように痛みが生じることがあります。しばしば発熱もみられます。血圧の変動もよくみられ、軽い高血圧のほか、低血圧になることもあります。尿の流れが遅くなったり止まったりすることもあります。

診断

  • 通常の血液検査および尿検査

  • 画像検査

  • ときに腎生検

腎皮質壊死は、その症状がほかの原因による急性腎障害と似ているため、診断が困難になる場合があります。この病気が発症しやすくなる状態の患者では、症状と通常の血液および尿検査の結果から腎皮質壊死を疑える場合もあります。多くの場合、CT血管造影検査などの画像検査によって診断を確定できます。腎生検が最も正確な情報が得られる検査法ですが、この検査は腎組織の切除を伴い、合併症を引き起こす可能性があるため、診断が明らかな場合は不要です。したがって、生検はほとんどの人で行われません。

治療

  • 支持療法

  • 基礎疾患の治療

治療としては、輸液、輸血、抗菌薬の投与、透析、あるいはその組合せなどによる支持療法が行われます。可能であれば、腎皮質壊死を引き起こしている病気を治療します。

近年の治療法の進歩に伴い、現在では予後は改善されています。約80%の患者が1年間以上生存していますが、ほとんどの人で生涯にわたる透析か腎移植が必要になります。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP