Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

アテローム塞栓による腎疾患

執筆者:

Zhiwei Zhang

, MD, Loma Linda University

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

アテローム塞栓による腎疾患では、腎臓より上流にある動脈から多数の小さな脂肪性物質が流れてきて、それにより腎動脈の最も細い分枝がふさがれることで(アテローム塞栓)、腎臓が正常に機能できなくなります。

  • アテローム塞栓は通常、大動脈の動脈硬化症に対する手術や処置の合併症として発生します。

  • 腎不全の症状がみられるほか、足の指が青く変色したり、足や脚の皮膚がまだら状に紫色に変色したりすることがあります。

  • 診断を確定させるために、腎臓の組織を採取して分析する検査(生検)が行われることがあります。

腎臓の血管の病気の概要も参照のこと。)

動脈硬化により硬くなった血管(通常は大動脈)の壁に付着した硬い脂肪性物質から小さな断片が剥がれ、それが血流に乗って流れてくることにより、塞栓(アテローム塞栓)が発生します。このような断片の一部が腎動脈の最も細い分枝に詰まることで、腎臓への血液の供給が部分的に妨げられます。通常は左右の腎臓に同時に、ほぼ同程度の障害が起こります。

大動脈に重度の動脈硬化がある場合には、自然に脂肪性物質が剥がれ落ちることがあります。しかし、大動脈に影響を及ぼす外科手術、血管形成術、画像検査(血管造影検査など)の合併症として発生することの方が多く、その場合、大動脈の壁に付着した脂肪性物質が意図せず剥がれることで発生します。アテローム塞栓による腎疾患は、高齢者でより多くみられます。

症状

アテローム塞栓による腎疾患では、急性または緩やかに進行する腎不全(血液から老廃物をろ過する腎臓の機能が働かなくなる状態)を起こすのが通常です。閉塞の原因が大動脈に影響を及ぼす手術や血管造影検査である場合には、しばしば急激に腎機能が停止することがあります。多くの場合、作られる尿の量が減少します。

腎不全の長期化と重症化が進むにつれて、様々な症状が出現するようになりますが、最初は疲労、吐き気、食欲不振、かゆみ、集中力の低下などがみられます。これらの症状は、腎不全のために筋肉、脳、神経、心臓、消化管、皮膚などに障害が生じていることを意味しています。

アテローム塞栓によって腎臓以外の臓器にも症状が現れることがあります。腕や脚の血管でアテローム塞栓が生じると、足の指が青く変色したり、皮膚がまだら状に紫色に変色したりするなどの症状が生じるほか、壊疽(えそ)を起こすこともあります。眼の血管でアテローム塞栓が生じると、突然の失明に至ることもあります。

診断

  • 血液検査または尿検査

  • ときに腎生検

大動脈に影響を及ぼす処置を行った後に腎機能の低下がみられた場合には、アテローム塞栓による腎疾患が疑われます。腎機能の低下は血液または尿の検査で確認できます。アテローム塞栓による腎疾患の診断を確定する上で最良の検査法は腎生検ですが、通常は必要ありません。組織のサンプルを採取して顕微鏡で観察すると、最も細い動脈の中に脂肪性物質が詰まった様子を示す特徴的な所見が認められます。皮膚や筋肉の組織サンプルを調べる検査も、診断を確定する上で役立つ場合があります。塞栓の発生源を確認するために、ときに大動脈の超音波検査が必要になります。

治療

  • 塞栓の原因に対する治療

  • 高血圧の治療

  • ときに透析

以前は、アテローム塞栓による腎疾患を発症した人の多くが数週間から数カ月で死亡していました。しかし、最近では治療法が改善され、大半の患者が1年以上生存し、半数が4年間以上生存できるようになっています。

ときに塞栓の発生源を治療することができ、そうすれば新たな塞栓は発生しなくなりますが、すでに腎臓内に生じたアテローム塞栓を直接除去できる治療法はありません。治療は、体調をできるだけ良好な状態に保つ支持療法となります。例えば、高血圧に対する治療などが行われます。腎不全が起きている期間には透析が必要になる場合もありますが、最終的に腎機能の回復が得られることもあります。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP