Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

腎機能検査

執筆者:

Bradley D. Figler

, MD, University of North Carolina

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

腎臓の機能は、血液サンプルと尿サンプルを用いた検査によって評価することができます。

腎臓でのろ過のペースが大幅に低下すると、老廃物の一種であるクレアチニンの濃度が血液中で上昇します。

より正確な指標であるクレアチニンクリアランスは、血液検査で測定されたクレアチニン濃度に年齢、体重、性別で補正する式によって推定できます。クレアチニンクリアランスの値を正確に求めるためには、厳密に時間を計って蓄尿を行うと同時に、血液中のクレアチニン濃度を測定する必要があります。

腎臓の機能の指標として、血液中のタンパク質であるシスタチンCが測定されることもあります。

血中尿素窒素(BUN)の値も、腎臓がどの程度機能しているかを示す指標となりますが、腎機能以外の様々な要因によっても変動することがあります。

腎臓および尿路疾患の評価も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP