Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

陰嚢痛

執筆者:

Anuja P. Shah

, MD, David Geffen School of Medicine at UCLA

最終査読/改訂年月 2017年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

陰嚢(精巣を包んで保護している袋)の痛みは、新生児から高齢者まで、あらゆる年齢の男性で起こる可能性があります。精巣は非常に感受性が高いため、軽度のけがでも痛みや不快感を起こす可能性があります。

尿路症状の概要を参照のこと。)

原因

痛みは精巣に直接関連しているか、陰嚢、鼠径部、腹部の病気によって起こる場合があります。

一般的な原因

突然の陰嚢痛の最も一般的な原因としては以下のものがあります。

  • 精巣のねじれ(精巣捻転)

  • 精巣垂(精巣に接続している小さな組織片)のねじれ

  • 精巣上体の炎症(精巣上体炎)

精巣捻転は、精巣が精索を中心に回転したことで起こります。ねじれにより精巣への血流が遮断されることで、精巣に痛みが生じるほか、ときに精巣の壊死につながります。精巣捻転は新生児と思春期以降によくみられます。捻転は精巣垂(基本的に無機能の小さな組織片で、胎児の発達からの残異物)にも起こる可能性があります。精巣捻転と同様に、精巣垂の捻転も血流の遮断により痛みを引き起こす可能性があります。精巣垂の捻転は、7~14歳の男児でよくみられます。

精巣上体炎は、精巣の上にあって精子が成熟する場になるコイル状の管(精巣上体)の炎症です。精巣上体炎は、成人における陰嚢痛の最も一般的な原因です。精巣上体炎の原因は通常は感染症で、典型的には性行為によって感染します。一方、感染症がない場合もときにあります。そのような場合は、おそらく、いきみ(重い物を持ち上げたなど)が原因で尿が精巣上体に逆流したことにより、精巣上体に炎症が起きたものと考えられます。

あまり一般的でない原因

あまり一般的でない原因もいくつかあり、具体的には以下のものがあります。

  • 鼠径部のヘルニア(鼠径ヘルニア

  • 精巣の感染症(精巣炎)、主にムンプス(おたふくかぜ)ウイルスなどのウイルスが原因

  • 腹部の病気による痛み(腎結石虫垂炎など)

  • けが

陰嚢痛を引き起こすことのある危険な病気としては、腹部大動脈瘤破裂および会陰部(性器と肛門の間の領域)の壊死性感染症(フルニエ壊疽と呼ばれます)があります。精巣のがんが痛みを引き起こすことはまれです。

評価

以下では、どのようなときにすぐに医師の診察を受ける必要があるか、また受けた場合に何が行われるかについて説明しています。

警戒すべき徴候

陰嚢痛がみられる場合は、特定の症状や特徴に注意が必要です。具体的には以下のものがあります。

  • 突然のひどい痛み

  • 陰嚢または鼠径部が腫れ、特に押してもへこまない場合や激しい痛みまたは嘔吐を伴う場合

  • 陰嚢または陰茎と肛門の間の領域の水疱または赤色や黒色への変色

  • 重度の病気の症状で、高熱、呼吸困難、発汗、めまい、混乱など

受診のタイミング

警戒すべき徴候がみられるか激しい痛みを訴える男児または成人男性は、痛みの原因によっては精巣の壊死など重い合併症が発生する可能性があるため、直ちに医師の診察を受ける必要があります。警戒すべき徴候がない人は、1日か2日の間に医師の診察を受ける必要があります。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問し、次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、陰嚢痛の原因と必要になる検査を推測することができます( 陰嚢痛の主な原因と特徴)。

医師は以下のことを質問します。

  • 痛む場所はどこか

  • 痛みはどのくらい続いているか

  • 鼠径部にけがはあるか

  • 男性の性交歴

  • 排尿時に問題はあるか(灼熱痛や分泌物など)

  • 痛みが鼠径部に走る病気があるか

身体診察では性器、鼠径部、および腹部に注目しますが、陰嚢の痛みを引き起こす可能性がある他の部位の病気の徴候も探します。直ちに治療が必要な病気を特定するために診察を行います。痛みの発症と特徴や患者の年齢が原因特定の手がかりになることがあります。

icon

陰嚢痛の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

精巣捻転(精巣のねじれ)

片方の精巣に激しく持続的な痛みが突然生じる

痛みのある精巣は、反対側の精巣と比較して体方向へもち上がっている

新生児と思春期以降の男子でよくみられるが、ときに成人でも起こる

精巣垂捻転(精巣に付属している小さな組織片のねじれ)

痛みは通常、数日間かけて発生し、精巣の上部で生じる

ときに精巣周囲の腫れ

典型的には7~14歳の男児で発生する

超音波検査

精巣上体炎(精巣上体の炎症)または精巣精巣上体炎(精巣上体と精巣の炎症)

精巣上体やときに精巣において、痛みが徐々に始まるか突然現れる

ときに頻尿または排尿時の痛みや灼熱感

最近重い物を持ち上げたか、いきんだことのある男性

しばしば陰嚢の腫れ

ときに陰茎から分泌物

典型的には思春期以降の男子と成人男性

尿検査と尿培養検査

ときに性感染症の検査

けが

性器にけがのある男性

しばしば陰嚢の腫れ

超音波検査

鼠径部のヘルニア(鼠径ヘルニア)

典型的には、鼠径部に長期にわたり無痛の膨隆があった男性、しばしばヘルニアの存在が判明している男性

以下の特徴を示す膨隆。

  • 軟らかく、風船のような感触

  • 典型的には、男性が上体を起こしているときや、腹部内の圧力が上昇しているとき(例、排便のいきみや重い物を持ち上げる際)に大きくなる

  • ときに、横になると消失する

  • ときに、腹部内に押し戻すことができる

痛みは徐々に始まるか突然生じ、典型的には膨隆を腹部に押し戻すことができない時に起こる

医師の診察

関連痛(腹部大動脈瘤尿路結石、下部脊椎の脊髄神経根の圧迫、虫垂炎、腫瘍などに起因する痛み、またはヘルニアが修復された後に発生する痛み)

陰嚢の診察の結果は正常

ときに腹部の圧痛

診察時の所見および疑われる原因に依存

精巣炎(精巣の感染症)、通常はムンプスウイルスなどのウイルスが原因

陰嚢および腹部の痛み、吐き気、発熱

陰嚢の腫れ、ときに発赤

原因として疑われるウイルスに対する抗体を測定する血液検査を繰り返す

会陰部(性器と肛門の間の領域)の壊死性感染症(フルニエ壊疽)

激しい痛み、重症感、発熱、ときに混乱、呼吸困難、発汗、めまい

陰嚢の発赤もしくは陰部での水疱または組織壊死

ときに腹部手術を最近受けた男性

糖尿病末梢動脈疾患、またはその両方がある高齢男性でよくみられる

通常は医師の診察のみ

ときに画像検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

検査

検査が必要かどうかは、病歴聴取と身体診察の結果によって決まります。しかし、いくつかの検査は一般的に行われます。

精巣捻転では手術を遅延なく施行することが極めて重要であるため、精巣捻転が強く疑われる場合は、検査をせずに直ちに手術をすることもあります。

治療

陰嚢痛の最も良い治療法は、痛みの原因に対する治療です。例えば、精巣捻転絞扼性ヘルニア壊死性感染症では、手術を速やかに行う必要があります。

激しい痛みを和らげるため、非ステロイド系抗炎症薬やオピオイドなどの鎮痛薬を投与することもあります。

高齢者での重要事項

高齢男性では精巣捻転はまれです。しかし発生した場合は、症状が通常と異なり、診断が難しくなる場合があります。精巣上体炎と精巣炎は高齢男性でよくみられます。精巣上体炎の原因として、性感染症の頻度は高くありません。ときに、高齢男性では鼠径ヘルニア大腸穿孔腎結石(腎仙痛)が陰嚢痛の原因になることがあります。

要点

  • 陰嚢痛が突然起きた場合、特に小児や青年では、精巣捻転の可能性をまず検討します。

  • 精巣上体炎は陰嚢痛の最も一般的な原因で、特に分泌物がみられる場合と排尿時に灼熱感や痛みがある場合には、その可能性が高くなります。

  • 精巣捻転が特に疑われる場合、画像検査をする代わりに手術をすることもあります。

  • 陰嚢痛は、腹部からの関連痛によって起こる可能性もあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP